« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

Subaru R1

photo_10_01
スバルR1に試乗しました。
雑誌とかで見る内装は真っ赤なんですが、
実車はもっと薄い色です。
あれなら何とか耐えられます。
内装は、軽自動車としてはマシなのかもしれませんが、
高級感があるというには厳しいです。昔のプジョーみたいです。
シートはしっかりしてます。
走り出してみると、CVTの感触がイマイチ。うまく速度調節できません。
ブレーキはストロークが大きく、効きが弱く感じられます。
(でもこれは普段Xantiaに乗っているからかも知れません。)
乗り心地はしっかりしてます。
ホイールベースが短いためか、結構揺すられます。
すいません、そんなに悪い印象ではないですよ。
150万で売れるならもっといろいろできるんでしょうね。
2台目なら欲しいなぁと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Titleist Vokeyウェッジ

vokey
アプローチ用に買ってみました。クロームの252.08です。
まだコースデビューしていませんが、練習場の感触はgood!
って、当てにならないんですけどね、練習場の印象は。
6日にコースで使用予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自動車雑誌はツライね

と最近思います。特にCGとかのHW評価系の雑誌。
記事に本国試乗と比較して○○だ。とか、
昨年モデルと中身は変わらないはずだが××だ、とか。
あるいは、試乗車としてマイレッジを重ねているからどうだとか。
もし記事を信用できないと仮定すれば、それ自体意味がなくなります。
信用できると仮定すると、
車そのものは一定のQAを経て出荷されていますから、
公差の範囲内でいろいろと評価していることになってしまいます。
そのモデルのあるべき姿という観点からならともかく、
そのたまたま評価した車について詳細を言われても違うなぁと。
公差を超えているなら、品質問題としてきちんと追求するべきですよね。
福野礼一郎という方の本には、その車の持つ基本的な数値で評価すべき
(ホイールベースやトレッドなど)とありますが、そういう絶対的な数値で
比較するしかない、そういうところに来てしまっているのかな、
そうなるとHW評価系雑誌はつらいなと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

B11サニー

photo_car最初に買った車です。1.3のGLというグレードで、
営業車グレードでした。(エアコン無し、AMラジオのみ)
今乗ればきっと野蛮な車なんでしょうが、
運転していて楽しい思い出があるのはこのサニーです。
スタビとラリーサス入れて奥多摩を毎晩走ってました。
タイヤの接地感が手に取るように判って、今でもこういうダイレクト感覚の
車に乗りたいなぁと思うのですが、このあと出会えていません。
Xantiaもこういうダイレクト感はありませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米国で航空機への本の持込が2冊までに制限?

武田圭史さんのBlogの記事。
本当だったら困るなぁ...
米国出張では最低6冊はもっていきますからねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Xantiaのシート

こちらのBlogにXantiaのシートは年式が古い方が良いとありますが、
確かに現車の前に所有していた96式の方が良かったように思います。
シート生地の柄は圧倒的に96式がしゃれてましたね。00式は暗くていまいちです。
そうは言ってもこれまで乗った日本車に比べればダントツに優れてます。
長距離乗っても腰痛はまったく出ませんし、山道を少々飛ばすと腰をがっちり押さえてくれる。
ランバーサポートも何もついていないのにたいしたものです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

箱根はまだまだ花粉がすごい

箱根でゴルフをしたのですが、こちらではまだまだ花粉がすごいですね。
花粉が煙のように至る所から立ち上っていました。
景色も霞んでいました。
私は、マスクして完全防備です。眼鏡が曇るのがつらい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛知万博でDS?

こちらの方のブログによると、愛知万博のフランス要人の使用車はDSとのこと。
本当でしょうか?!
フランス人ってそんなにDSが好きとも思えないですが、しかし目立ちますからね。
宣伝効果はあるかもしれない。
ちょっと遅いエイプリルフールだったりして。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

坂の上の雲

文庫本で8冊なんですが、司馬遼太郎さんの本はあっという間に読んでしまいます。
日露戦争ってこんなに苦戦だったんですね。全然知りませんでした。
一応日本史は好きなはずなんですが、幕末くらいで終わっちゃうんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

確実と思われてそうではないこと

武田圭史さんのブログを見たんですが、本当にやる人がいるんですね。
確かに切断してすぐなら認証できてしまうかもしれない。
こういう人たちなら「とりあえずやってみよう」と考えてもおかしくない。

ところで、指紋を偽造できるということは知っていたんですが、
それはそういう業界にいるからたまたまであって、
普通の人は指紋認証は完全だと思いますよね。

先日読んだ確率の本を思い出しました。
たしか数が多いとだまされるみたいな内容でした。
例えば裁判で「DNAが一致する確率は100万分の一だ」と証言されると
普通の人は証拠として使えると思ってしまいますが、
でも東京在住の人は1200万ですから、12人もいることになる。
そうですよねぇ。日々こういうマジックにだまされているんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Xantiaのリモコン

こちらにかかれていますけど、
フランス車はリモコンキーの感度が低いんですかね。
Xantiaは、後期型から無線式になったんですが(前期型は赤外線式)、
どっちもかなり近寄らないと反応しません。
アンサーバックも後期型からついていますが、
「バシャッ」という音が響き渡るので、いらないですね。(笑)
リモコンキーのシステムは、アメリカ車がいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は暇だったので

050402_142601仙川のPIZZERIAというイタリア料理店と
そのあとAngeという公園に行きました。
PIZZERIAは、前はもっとおいしかったと思うのですが、
自分の好みが変わったのかもしれません。
Angeは、この季節はマグノリアが咲いています。
来週は、桜とダブルで見事でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »