« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

レギュレーションとモチベーション

今年の4月に個人情報保護法が施行されましたが、
法遵守の必要から当然なんですが、
その前後の投資意欲はものすごかったです。

最近のガソリン高とか京都議定書義務達成を考えれば、
今日本の自動車メーカーは大きな機会を迎えていると思います。
目に見えるのは、相変わらず大型化と高馬力化への
モチベーションですが、内部では変化があるのでしょうか?

確かに欧州車はその路線で成功を持続しています。
だからと言って明日もそうとは限らない。

こういうところでトレンドを自ら作ることができないのが
日本のメーカーなんですね。
これからプレミアムブランドスタートですからね。
やはり日本人の性として他国の作ったものを取り入れて
それを最善化するのかなぁ?

経済産業省は戦略的にレギュレーションを設けるべきだと思いますね。
そうすればそれを乗り越えるのが日本人ですから。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

父親のプレミオ

に先日乗る機会がありました。
初回車検を通したばかりで走行距離2万5千キロです。

うーん、ちょっとこれはひどい乗り心地ではないかい?
1万キロ少々の時は、別に良くも悪くもない乗り心地だったはず。

ゆさゆさ揺すられる。6年目5万キロのXantiaよりひどく落ちる。

トヨタさん、こんなものなんですかね?
10年保たなくてもいいけど、もう少しなんとかならんですか?

何?レクサス買えって?

| | コメント (5) | トラックバック (2)

コーティングしました

フランス車は洗車しないで乗る...とか聞きますが、
私はやはりきれいな方がいいですね。
別に洗車が趣味ではないですが、
平均すれば月1回くらい洗車していると思います。

コーティングすると水垢が付かないとか、
魔法のようなカタログ文句が踊ってますが、
別にそんなに特別なものではありません。
洗車後のワックスがけが省けるだけです。

ワックスかけに時間使いたくないのと、
ワックスを使わない結果白い拭き残しも
出ないのでコーティングしてます。
あとコーティング前に徹底的にキレイにしてくれるので、
そこも買いですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゆっくり走ってます

最近高速道路を100km~110kmの間で走行してます。
ゆっくりとはいえ法定速度超えてしまってますが、
この速度域だと8割の車に抜かれます。

右車線を常に走っている時は、100kmとか這っているような
速度に感じたものですが、慣れればどうということはありません。

ゆっくりでも90kmのトラックの後ろを延々と走るのは×です。
かといって、ギヤを落として右車線に割り込むのも×です。
右車線を100kmキープして後続車に迷惑をかけるのも×です。
スムースに全体の流れを読みつつ、他車に迷惑をかけず、
できるだけ100km~110kmの間で走行するのがルールです。

何がいいって? 別にいいことはないですが、(笑)
100kmだから視野が広いことと燃費が良いことでしょうか。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

サントリー武蔵野工場

top_beer02
連休中日の9月18日の今日、
サントリー武蔵野工場に行って来ました。
ここは近所ですので、電車で行きます。
分倍河原から1時間に二本の送迎バスがあります。

公園のような甲府の登美の丘や
先日訪問した森の中の白州とは違って、
ここは「工場」という感じです。
中にレストランもありません。
(理由は試飲をして判りました。)

説明を聞いて初めて知ったのですが、ここで水を汲み上げているんですね。
丹沢からはるばるここまで水脈が来ているとは知りませんでした。
よく考えれば判ることですが、タンクローリーとかで運んでいたのでは
らちがあかないですよね。(笑)

本日は休業日で、缶ビールがグワァーと製造されているところを
見学することはできませんでした。ここのウリと思うのですが残念。

最後はおなじみ試飲タイムです。
阿蘇、京都、丹沢、赤城の4水系のモルツを飲み比べることができます。
これが違うんですね。はっきりと違います。
コクのある阿蘇、柔らかな京都と丹沢、キレの赤城と感じました。
私の好みは阿蘇系です。
家では4つの缶を同時に開けることは無いので大変面白い経験でした。
ここは車で行ったらダメです。もったいないです。

なぜレストランがないか...あったら飲み過ぎちゃいますよ。
試飲でおいしいのでもっと飲みたくなってしまいます。
これでレストランなんかあったら、工場内で酔っぱらい続出です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

9月10日~11日 松本へ(3)

IMG_0138
翌日はサントリーの白州工場を訪問しました。
ここはウイスキーを醸造しています。
天然水工場もあるのですが、
ウイスキーの製造過程を見学しました。
驚いたのは、ウイスキーの保存しておく樽は、
30年で再生が必要で、その再生とは中を焼くことです。
IMG_0137
ちょっとぼけてますが、写真のようにボウボウに燃やしています。
このように再生しながら100年ほど使い続けるそうです。

お酒工場に行く楽しみは、そこでお酒を買うことです。
白州では、北斗という銘柄のウイスキーを買いました。
まろやかさをウリにしていて、確かにスコッチのような
癖がありません。ちょっと焼酎っぽいですね。
そう思って飲むとさらにおいしく感じます。
どうしてもクラブという印象があるんですよね、ウイスキーは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NINTENDO DS買いました

ds_black
ニンテンドーDSを買いました。
脳を鍛える大人のDSトレーニングをやりたいばっかりに。
最近本当に出てこないことがあるんですよね、名前とか。
で、これを買うというのも実に短絡的ですが。

結果は実年齢+10歳です。
まっ、そんなもんだろう、ゲームだから。
向上していかないとつまらないしね。
と思っていたら、妻は実年齢ピタリでした。

トレーニングしないと...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月10日~11日 松本へ(2)

松本市街地を離れて宿に向かいます。
が、その前に近くの安曇野ワイナリーに寄りました。
こぢんまりとしたワイナリーです。地ビールレストランも併設されてます。
観光バスが来ていましたから、コースになっているんですね。
ここで信州コンコードを買いました。
赤ワインなんですが、冷やして飲むときっとおいしいと思います。

この旅で泊まるのはファインビュー室山です。
この宿の特徴はなんと言ってもロビーからの景色が素晴らしいことです。
IMG_0125
日本の宿はロビーが貧弱でがっかりすることが多いのですが、
ここはロビーでゆっくりしたくなります。
露天風呂より部屋よりロビーの景色の方がキレイです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月10日~11日 松本へ(1)

9月10日~11日に1泊2日で長野県松本に遊びに行きました。
最近はまず宿泊するところを決めて、それから適当に周辺をまわります。
まず訪れたのは定番?松本城です。
IMG_0114
知りませんでしたが、松本城は現存する最古の城なんですね。
石川数正築城とか。中の説明書きで知りました。
内部見学可能で、天守閣まで登ることができます。
想像するより中は狭いです。
こんなところで何年も籠城できないですね。

松本市は他にもいろいろ面白そうな所がありそうだったのですが、
この日はとにかく暑い!歩いてまわる気がしません。
やっとの思いですぐ裏にある旧開知小学校に行きました。
IMG_0117
これは明治に建てられた疑似西洋建築だそうです。
なんか自分が通ったコンクリート製の小学校より
よっぽど立派に感じます。
一時期プレハブの仮校舎なんて時もありましたし。
明治にこんなモダンな校舎で勉強するというのは、
きっとスゴイイベントだったんだろうなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会社がそれを望んでいる

いろいろ書いてきましたが、結局理由はこれだなと。
「会社がそれを望んでいる。」
・ドイツ車と比べてクオリティーに差がある
・基本性能が疎かにされている
・機能が充実している
etc

会社の評価制度とかユーザーのレベルとか国民性とか
いろいろ考えましたが、ひっくるめて会社がそういう車作ることを
望んでいるんですね。

自分の身の回りにも、会社の要求を自分なりのフィルターで処理して、
許された振り幅を目いっぱいを使って実現する人もいれば、
ただストレートに実現する人もいます。そういう差なのでしょう。

確かに、GMやメルセデスを追い込んでしまうような車は、
今のところ作っても何のメリットもないですから、
そもそも作る気もないのでしょうね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

サラリーマン増税

総選挙で共産党が
「サラリーマン増税 反対」
「大企業の法人税増税を」
って主張してますけど、
それって結局サラリーマンの負担増になるじゃない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こだわりのベクトル

日本車には理想が感じられる車が少ない。
よく言われるセリフです。

一方、どんな車にせよそんなにいい加減に作ってるのかな?とも思います。

開発者の方は、皆さんコダワリをもって開発されているのでは?
ただ、そのベクトルがいろいろある。
とにかく安く、若者にとにかくウケル、走りを楽む、家族で楽しむ....
そのベクトルから外れるポイントは「まあ適当に」となる。
そのポイントが車の基本部分だったりすると、車好きには不満に感じられる。

難しいですね。
プリウスは、理想というかコダワリというか執念が感じられる車です。
私もそう思います。
だからといってプリウスを購入するかといえばしないわけです。

販売時にカタログの美辞麗句ではなく、
本当に開発者がこだわった点を自分の言葉で述べていただければ、
もっとすっきり受け取ることができるかもしれませんね。

そういえば、開発者の顔って全然見えませんよね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

テレビでいいかげんな事を言ってはイカン

9月2日のニュースステーションで天野祐吉さんが、
「この度の超大型ハリケーン「カトリーナ」にしても、接近中の台風14号
にしても地球温暖化が原因ではないかと思っているんですよ。」

あなたが思うのは勝手ですが、そんなことをテレビで言ってはイカン。
信用する人がいるじゃないですか。
周囲の人はたしなめなさい。

その思考回路は、地震多発も地球温暖化が原因と
言っているのと同じレベルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

研究報告「東洋人と西洋人は世界の見方が異なる」

だそうです。元記事はこちらです。

ところでちょっとずれるのですが、音楽でも似たような事はありませんか?
実は私の妻は聞いた曲が直ぐ歌えます。
私は毎朝通勤時にiPodで繰り返し聞いているのに全く歌えません。
その気になって覚えないとダメなんです。

何でだろう?と自分が何を聞いているか注意を払ってみたところ、
なんと自分はリード系(含むボーカル)は全然聞いていないことが判りました。
聞いているのはバック系のドラム、ベースやストリングスです。

これって私だけの事なんでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »