« 父親のプレミオ | トップページ | 数字のむずかしさ »

レギュレーションとモチベーション

今年の4月に個人情報保護法が施行されましたが、
法遵守の必要から当然なんですが、
その前後の投資意欲はものすごかったです。

最近のガソリン高とか京都議定書義務達成を考えれば、
今日本の自動車メーカーは大きな機会を迎えていると思います。
目に見えるのは、相変わらず大型化と高馬力化への
モチベーションですが、内部では変化があるのでしょうか?

確かに欧州車はその路線で成功を持続しています。
だからと言って明日もそうとは限らない。

こういうところでトレンドを自ら作ることができないのが
日本のメーカーなんですね。
これからプレミアムブランドスタートですからね。
やはり日本人の性として他国の作ったものを取り入れて
それを最善化するのかなぁ?

経済産業省は戦略的にレギュレーションを設けるべきだと思いますね。
そうすればそれを乗り越えるのが日本人ですから。


|

« 父親のプレミオ | トップページ | 数字のむずかしさ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レギュレーションとモチベーション:

« 父親のプレミオ | トップページ | 数字のむずかしさ »