« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

音響デザイン

先日BS-2でフランスの番組を放映していました。
中身は音響デザインです。
最初は、今の自動車が出す音がいかにデザインされているかが紹介されました。
ウインカー、走行音、ドアを締める音、電動シートや窓の開閉の音、
エンジンや排気音の音.....もうほとんど全てでしたね。
(407とAudiが画面上題材でした。)

私が試乗したC4のウインカー音と同じ音が紹介されていましたから、
あの音はデザインされた、少なくとも欧州では受け入れられた音なのでしょう。
(私にはちょっとポップ過ぎるように感じられましたが。)

その後化粧品容器の開閉音、コーンフレークのパリッという音、
おもちゃの音、オブジェの出す音、空間における音響デザイン...
なんとフランスには国立の音響を研究する機関まであるのですね。

しかし少々複雑な印象を得ました。
従来音はそのものの持つ機能を反映していました。
剛性があるから剛性感のある音、性能を反映するエンジン音...
しかしデザインされた音には、そのものが本来持つ性能との
相関関係はありません。

内装や外装の質感、そのもののデザイン、そして音までデザインという
薄皮をまとって我々に提供されています。そしてれが本当に薄皮なのか、
実質のpoorさを隠す厚皮なのか...

トヨタが厳しい評価を受けるのはこの部分ですよね。
そして欧州車を求める一部の人は、これを嫌っていたでしょう。
しかし、最近の欧州車には何かトヨタ的なものが見え隠れします。

この疑心が旧車を求める気持ちだったりもします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

偽造やら偽装やら改ざんやら

震強度を偽造した建築士を国交省が聴聞
書類偽造、600万円着服容疑 元経理部長逮捕
元事務局長 自ら書類偽造 酒販中央会事件
契約書偽造の疑いで元三セク常務逮捕
「節約生活のススメ」エッセイスト、戸籍偽装で逮捕
カキ産地偽装 疑惑業者へ納入
偽装CD―ROM導入で不正振込
美浜3号機 保安院が検査 改ざんで関電事情聴取 交換配管の安全性確認
特定計量証明事業者認定取消し ダイオキシン測定値改ざんで

いったい日本はどうしちゃったんでしょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Buy Nothing Day

bnd_top
2005/11/26 (土) は、日本の無買デーだそうです。
こちらのサイトです。

私はこういうのはあまり好きではないので、
これを皆さんに勧めようとかそういうつもりはありません。
ただここのサイトに書いてある、

「いま、本当に必要なモノは、身の回りにほとんどそろっていますよね?
それでもわたしたちは、どうして次から次へと色々なモノを買い込んでしま うのでしょうか?
まるで何かに突き動かされるように。あたかも心の底から欲しいと思っ ていたかのように。」

には妙に納得です。

ieさんのサイトにXANの感想がありましたが、全くその通り。
XANは、今の私に何の不足もないはずです。
でも別の車が欲しくなっちゃうんですよねぇ。

買い物依存症の人は、モノを買う時に発生する
脳内物質で生じる快感を再現したくて依存してしまうそうですが、
私も車を買おうかと考える時に、快感の脳内物質が発生しているのかもしれない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

古くならないもの

B00013YRM8
King CrimsonのIn The Court Of The Crimson King。
高校生中学生の頃からの愛聴盤です。
当時No1だったビートルズのアビーロードを
蹴落としたといわれています。
当時これを聞いた人はショックだったでしょうね。
Jazzを思わせる即興演奏、炸裂するメロトロンの響き。
なんたって1969年リリースです。
Led Zeppelinの結成は前年の68年。
日本でははっぴいえんど(ばれんたいん・ぶるう)が69年。
このあたりのサウンドと比べると凄さが判ります。

1969年と言えば、シトロエンSMもGSもまだリリースされていません。
In The Court Of The Crimson Kingは、DSみたいな存在だなと思います。
当時のロックシーンを塗り替える勢いがあったという点も、
現代でも全く古びて感じられない点もよく似ています。
そしてKing Crimsonはシトロエン。
革新的であるが故にプログレ界でも孤高の存在でした。
そして結局主流にはならなかったところも。
(11/23加筆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どちらがお好み

シトロエンに柔らかいタイヤを組み合わせると乗り心地が良い。
よく言われる話です。
ユーザーの意見よりも雑誌にそう書かれることが多いようです。
空気圧を規定より1割下げるとか。
残念ながら夏タイヤ同士で比較したことはないのですが、
私は冬はスタッドレスに替えますので、結果として
柔らかいタイヤを装着することになります。

個人的には夏タイヤの方が好きですね。
確かにスタッドレスの方が柔らかいです。
突き上げは減ります。
しかし、その分雑味が増えるように思います。
純粋にサスの動きを感じるなら固いタイヤだな、
交換するたびにいつも感じます。
もちろんコーナリングのあのグニャとした感じや、
ブレーキングの頼りなさは比較に入れない前提です。

空気圧を下げるのも好みではありません。
あのモッタリした感触がどうも...

とは言うものの、最近突き上げがガンガンきます。
私は、XANの初期応答のダルなハンドリングは
好みではないので、空気圧を少々高めにしているのですが、
そろそろスフィアの寿命かもしれません。


| | コメント (4) | トラックバック (1)

東京都「防災に関する世論調査」

というのが来ました。普通の官製はがきに
・無作為抽出で選ばれました
・調査会社が直接聞き取りに来る
と書いてあります。

連絡先の電話番号は都庁の代表番号ですので
この調査そのものは確かに実施されるようです。

少々思うところがあったので問い合わせの電話をしてみました。

私:「防災調査のはがきが来たのですが」
都:「はい、毎年そのような調査を実施しておりまして...以降説明」
私:「私が本当に抽出されたかを知りたいのですが。」
都:「?????」
私:「つまりですね、例えばこのはがきを受け取った私が、全く同じものを
偽造して、特定の人に送りつけたとします。もしその人が都に問い合わせても、
都は、今私にしたのと同じく調査をすると説明しますね。
とすると都は偽造のはがきを裏書きすることになりますが。」
都:「少々お待ち下さい....」
都:「これまでそのような事故は一度も起きておりませんので、
そのような対策はしておりません。そのような指摘があったことは
上に報告しておきます。」

対策しておいた方が良いですよ。
任意のIDコードを入れておくも良し、金融機関のように剥がして
中を見るタイプのはがきでも良し。
印刷された官製はがきにタックシールでは無防備すぎます。
どこか特定の人のドアを開けさせたい人は、ごまんといるんですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

廃プラ処理場

昨日買い物に行くと廃プラ処理場建設反対の集会をやってました。
この手の集会を見るといつも無力感にとらわれます。
もちろん私も家の近くにできたらイヤです。
合理的な理由はありません。感情的なものです。

しかしこういう気持ちって、自分の家の近くはイヤだけど、
他人の家の近くならいいんですよね。

本当は、プラスチックやらゴミを減らす事を考えなければならないのに、
普通の消費生活をしているとそもそもそれが難しい。
使えるものは寿命の限り使うという以外、できることがあまりありません。

そんなこと考えながら使える車を買い換えることも考えているし、
自分勝手にもたいがいにしなくてはいけませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

蓼科までドライブ

朝方の雨にもかかわらず蓼科までドライブに行きました。
万が一の紅葉渋滞を恐れて早めに中央高速に入りましたが、
八王子バス停のあたりで若干速度が落ちた程度でした。
早めに着いた時のオプションとして、まず日帰り温泉突撃です。
IMG_0001

今回は、石遊の湯という露天のみの温泉です。
いわゆる日帰り温泉の設備はなく、露天と小さな休憩所のみの
シンプルな構成ですが、それゆえ来る人も少なく
ゆっくり楽しむことができました。

1時間近く湯を楽しむともう昼です。
近くのエスポワールというオーベルジュで昼食を取りました。
ちょっと高かったですが、おいしいですよ。
これからは大丈夫と思いますが、夏は要予約です。
IMG_0002





エスポワールのご主人は気さくな方で、富士見高原までの見所を
いろいろ教えてもらいました。
そのポイントの一つ、原村はシクラメンの産地とのことで、
シクラメン農家 南興園 を訪れます。
シクラメン好きの人お勧めです、とはいうものの今となっては場所が
よく判らないのでご紹介できません。
とにかく、ばかでかいビニールハウス内に一面に栽培されている
シクラメンを自由に選ぶことができます。

その後富士見高原を通り長坂ICから帰りました。
約400km少々の充実ドライブでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

先日読んだ本

誰がテレビをつまらなくしたのか」立元幸治 著を読んだのですが、その中で、
テレビの広告費年間二兆円
全国の世帯数4700万世帯
1世帯あたりの広告費 4万円

という記述がありました。

1世帯の年間消費額に対する広告費と考えれば範囲内ですが、
しかし近所の八百屋はテレビ広告していません。

自分が見る時間帯ですと、
消費者金融 (本当に多い)
自動車
ゲーム関係
コスメ関係
ビール類

あたりでしょうか。

この中で日頃買っているのはビールくらいですから、そう考えると高いですね。
本当はそう考えるのではなくて、コマーシャルが多い商品を買っている人の
広告費負担が非常に多いと考えるべきなんでしょう。
今度もう少しまじめに宣伝の分類をしてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日給油時に

給油口のカバーを開けると"バキッ"という音。
そうです。カバーの蝶番が割れました。
このパーツが壊れるのは2度目です。
前回交換してから2年くらいですから、
平均2年少々しか保たないことになりますね。
たぶん他車でも壊れやすいのでしょう、注文すると即納です。

ところで、カバーを取り付けているピンが抜けなくて
前回はディーラーさんに交換をお願いしたのですが、
あのピン、どうやって抜くんでしょう?
知っている方教えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先日のNHKニュースで

温暖化のために日本でも海面上昇の被害が出始めている、
という報道がありました。
今後100年でさらに88cm上昇が見込まれているそうです。

しかし100年後の数値をとはなぁ。
100年をすぐと感じる方もいらっしゃるでしょうが、
2005年の100年前は1905年。
1905年と言えば、日露戦争で日本海軍がバルチック艦隊を敗った年です。

30年後の海面上昇とそれによる東京臨海地帯の状況を予測すれば、
関係者ももっと真剣になると思ったのですが、しかしよく考えると、
この88cmというのは様々な変数にある数値を入力して算出した数字でしょう。
変数次第で0cmから倍の160cmまであり得るのでしょう。
となると、現実味のある30年後の数値を報道してしまうと、
風評被害の恐れありということになってしまうのでしょうね。

難しいですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

欲しい車

人様のBlogに乗りたい車を書き散らしております。
(申し訳ございません)
ここで、整理しておきたいと思います。

Citroen系は、一応全部乗りたいと強く思っております。
CX、GS、SM、DSなどですね。
レクサスもこれだけ話題になっているのですから、
とりあえず乗っておきたいな..と。
あとは節操ないのですが、Kangoo、ポルシェ944、ホンダS600、
ランチャデルタとかも乗りたいですねぇ。

と、乗ったことがないから乗りたいんですね。
いざ乗ったらどういう感想をもつのか、持続して所有したいと思うか、
それはまた別の話です。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

高級車の証

次の車種(メーカー)は、高級車(メーカー)でしょうか?

私の答えは、
メルセデスEクラス:Yes
メルセデス:Yes
シトロエンC6:Yes
シトロエン:No:総合メーカー
フェートン:Yes
VW:No:総合メーカー
です。

この答えにいろいろ異論がある方はいると思いますが、
街中で100人に聞けばこれが多数でしょう。
(C6はほとんど無回答でしょうが)

判断基準はとても簡単です。高い車=高級車、ラインアップの多数が
高い車=高級車メーカー と判断してみました。

いかがですか?
きわめて皮相的な基準ですが、結構すっきり見えてきませんか?
レクサスも見えてきませんか?

もちろんValue for Moneyでなければなりませんが、
それって今時の開発の方には簡単なことではないかと思うのです。
もし日産に「高級車として売れることを保証するから、
1千万 Value for Money の車を作って」
と言えば作ることができると思うのですよ。

高級と思うから高級車なのであって、高級だから高級車ではないと思うのですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »