« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

時計

昔時計の性能を表す単位に「石」というのがありました。
何の単位だかすっかり忘れましたが、それが多い方が正確だったと記憶してます。
その後クオーツ時計が出てきて、正確さのレベルが数段上がりました。

時計の道具としての最高点はそこだったのかもしれません。
そこからは低価格化の一途。
いつのまにか、正確性もどこかに忘れ去られてしまいました。

というのも、身の回りに溢れる時計...
HDDレコーダーはもちろん、オーディオ、電話、電子レンジ、
ストーブと時計が付いてます。
これがまた不正確なんですね。月に数分狂います。
悪いことにデジタル表示なものだから狂いが目立つ。
ちなみにXANの車内時計は正確ですね。

一方雑誌に取り上げられる高級時計。
歴史とブランドとデザインですか...
日本製は庶民的価格とハイテク、実直なデザイン。

自動車の将来を暗示しているようでね。
あるいは既にそうなっているか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明確に指示をせよ

「粉飾しろとは言っていない、黒字を指示しただけだ。」
by 堀江貴文

この言葉には、管理者が必ず守らなければならない重要な点が含まれています。
この文章は、粉飾の否定 と 黒字 が同格のように見えますが、
実は前者が行為で後者が目的(結果)です。

この言葉は、明らかな管理者の自己弁護です。
行為の否定と目的を同格であるかのように配置することによって、
実はもっとも重要な、目的のために必要であった指示内容を隠蔽しているのです。

このような自己弁護をした時は、実は正しい指示をしていない、
あるいは意図のみを表明し、実現方法は指示していないケースがほとんどです。
自分がそうだから判ります。

他人の振り見て我が振り直せ。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

人間性バトン

wonderさんのブログを見て。
「ふーん、いろいろ考えるなぁ....っと俺の名前あるじゃん。」
もっとお気楽なの回してくだされ(笑)
でもせっかくだからご開陳します。

○回してくれた方に対しての印象は?
お会いしたことがないのでblogの印象は....
外見は普通なのに内に秘めているような方。

○周りから見た自分はどんな子だと思われてると思いますか?
iceman、真面目、悪徳

○自分が好きな人間性について5つ述べて下さい
むずかしいな。人間性=タイプで回答します。
距離感をわきまえていること
温和ただし決断ができること
冷静ただし柔軟性があること
金勘定で判断しないこと
最低限の礼儀と清潔の観念があること

○では反対に嫌いなタイプは?
好きの逆ですね。
TPOで立ち振る舞いができない
決断力がない
柔軟性がない
金の多寡で判断する
無礼で不潔

○自分がこうなりたいと思う理想像とかありますか?
心が広くなりたいなぁ。

○自分のことを慕ってくれている人に叫んでください
??いるのか?
会社では鬼とよばれる私ですが、本当は菩薩の慈愛をもっているのですよ(笑)

○ で15人?に渡すの、いないいない(笑)
それでは最近やりとりしているお三方。
asn?さん
s田さん
中埜さん
よろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

JAVELに行ってきました

all_con_logo


もちろんCXの話を聞くためです。
しかしいざ行ってみると基本的な知識が何も無いので
思ったほど尋ねることがありません。

・基本的には旧車を意識せずに乗れる
・ダブルエアコンにしないと後席は厳しい
・燃費街中5km・高速8km(これは悪いなぁ...)
・Sr1でも2でも信頼性に差はない
などなど

残念だったのは、Sr1に右ハンドルが無いこと。
待っても出てきませんか?と尋ねましたが、JAVELでも1台しか実績が無いそうです。

その後近くの倉庫で実車を見ました。
Sr2と1に1台ずつ座ったのですが、
Sr2:
・素晴らしい座り心地の椅子。XANとは全く違います。
・サンルーフ付きのため頭上が狭い
Sr1:
・椅子がSr2より厚いそうで頭がつかえます。ハンドルに足が触れます。
これでは運転できません。(泣)
デザインはSr1が好きなのですが、条件が合わないようです。

帰りに冷静に考えると、XANは実用車として実に優れている事に気が付きます。
恐らく道具として比較すれば圧倒的にXANが勝つでしょう。
ハァ、でも欲しいんだよな。
1年くらい乗れば「やっぱりXANの方がいいね」とかクールに言えるんでしょうけど。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

National Do Not Call Registry

NewDNCLogo
かなり古い話題ですが。
米国にはNational Do Not Call Registry
という迷惑電話撃退システムがあります。
セールス電話を望まない場合、自分の番号を登録しておきます。
恐らくですが、セールス業者は事前にそのリストを
調べなくてはならないのだと思います。
(違っていたらご指摘下さい)
それでもかかってくる場合は、苦情の受付も行っています。

この制度のすごいことは罰金額が大きく、かつ実際に罰金が科せられていることです。
DirectTV $5.3 million、T-mobile $100,000、AT&T $490,000

日本でも検討されたそうですが、逆に自分の番号をさらすことになるので見合わせたとのこと。
しかし、最近の米国の記事を見ると迷惑電話は社会的コンプライアンスを破るモノだ、
という認識がされている事が判ります。こういう制度の効用でしょう。

Sarbanes‐Oxley act(企業改革法)もそうですが、アメリカは、問題があれば
その解決に向かってストレートに行動します。大きな問題の解決のために
小さな問題が生じる場合、大きな問題の解決を採ることが多いようです。

私は決して米国や米国人が好きなわけではないのですが、
こういうところはうらやましいと思います。
特に問題の解決を後回しにして小さなところに拘泥する人に会った時は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

理由がある

フランス車なかなか苦戦してるようです。

私は、人が何かを何処かで買うのは必ず理由があると思ってます。
営業初心者の頃、自分が何故その商品をその店で買ったのか、
その理由を記録していたことがあります。

帰り道にある
安い
ブランドが好きだ
在庫があった

その時判ったことですが、理由無しにそのモノ(店)を選択しない。
同時に買わない時、その理由も必ずあるのです。

ルノーにしてもPSAにしても「理由」を真剣に探した方が良いと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ルノー ジャポンの業務、日産子会社へ移管

ですか....
こちらのJIJIさんのBlogで知りました。

現在の販売規模では日本法人を維持する収益は得られないようですね。
また、近い将来それは変わらないとも判断したのでしょう。
こちらの記事を見ると本国の調子が今ひとつですから、まずは経費カットということですね。

記事からは日本の販売戦略は読みとれません。
積極的に行きたいから管理コストは下げたい見るか、様子見モードと見るか。
ただ、移管先の会社のコミットメントの問題もありますからね、
移管先が、「ルノー? ハァ?」って感じだと苦しいですよね。

しかし、PSAも人ごとじゃないです。
シトロエンなんて販売量では常にルノーの後塵を拝していますから。

| | コメント (10) | トラックバック (3)

GM

logo
先日米国から来た人と話をしていた時。
日本と米国で状況が全く違うものがあるよね、の例として、
「米国ではGMは巨大メーカーだけど、日本では全然存在感無いよ」
という例示をしたのですが....

米人A 「GM?おまえ(米人B) GM乗ったことあっか?俺無いぞ。」
米人B 「Uhooops 乗るわけ無いじゃん。あり得ないよ。100マイル走る毎に壊れるぜ」
米人A 「何が悲しくてGMなんか乗るんだよ。トヨタとホンダと日産だってあるんだ。」
米人B 「俺が乗ってるホンダCR-Xなんて、7年間オイル交換だけしかしてないけど、
ノートラブルだよ。」
私 「ふーん、じゃドイツ車はどうなの?」
米人B 「すばらしいね。」
米人A 「こいつポルシェ2台もってんだよ。あと自家用ジェットも」

なるほどね。日本車はGMよりは大分良いみたいだけど、
ドイツ車と比較すると実用的な選択ということね。
しかし、GMはここまでブランドイメージが落ちては大変ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音の種類

私は音楽が好きなので、3万円のミニコンポとかではイヤです。
といっても、高級HIFIオーディオに投資できるわけではなく、
まあ、適当なところでお茶を濁しています。

音源がiBookのiTuneジュークボックスという理由もあり、
システムなりの適当なところの音が出てます。
目指すのは疲れない音です。

とはいってもあこがれの高級オーディオショップに試聴に行くこともあります。
イヤ素晴らしい音。音の襞が聞こえるというのでしょうか、
サキソフォンの震えなんかばっちり聞こえます。
スピーカーなんて、洗濯機くらいの大きさです。
アンプの音が安定するまで数時間かかるそうです。(笑)

しかし、しかしですよ、この音を聞きながら食事をしたいか?
本を読みたいか?否ですね。
音が勝負を挑んできます。
絶対負けないぞ、と気負わなければ耐えられません。

不思議ですよね。音そのものはいい音なのに。
本当に不思議です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Golf ⅤGTI試乗

本日GolfGTIを試乗しました。
思っていたより固い乗り心地でした。
あの手の乗り心地になれている人なら気にならないでしょうが、
普段ハイドロの私にはこたえます。
結構室内もガタピシ音がしていました。

パワー感もXANと比べると段違いで、少々(というより大いに)過剰です。
私の望むクルマとは違うというのが、試乗後の感想です。
(決して悪いという意味ではありませんので。)

ところで、この試乗中にやらかしてしまいました。
なんとネズミ取りに見事引っかかりました。
27kmオーバー、3点、18千円也。
トホホ...
10年満了を控えたゴールドがパーでございます。
そういう速度域に簡単に入ってしまいますので、
皆様もご注意あれ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

さぼりのススメ

昨日は会社を休んで温泉に行ったわけですが、この休み方の問題です。
「さぼる」と精神療養効果が倍増します。
「有休を取る」という客観的表現や、
ましてや「休みを頂く」という表現はいけません。

「さぼる」という言葉には;
「みんな俺が休んで困ってんだろうな~」とか、
「休みやがってと思ってるんだろうな~」とか、
そういう想像が働きます。その上で真っ昼間から
プハ~とかやっている快感に勝るものはありません。
グハハハハッ、みんな働けぇ!
ハ~温泉きもちいい。

「休みを頂く」と同僚の迷惑にならないように途中でe-mailとか
チェックしてしまうので、精神休養になりません。

ところで、これはまじめに仕事をしている人の特権ですから。
普段からさぼっている人には味わうことはできませんよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

休日

会社をさぼってぶどうの丘に行きました。
この宿は最近人気で土日は5月まで待たないと泊まれません。
IMG_0208
素泊まりが可能で素泊まりだと7500円と安いからでしょう。
私の場合は、併設のレストランで勝沼ワインをあれやこれや飲めるので
それが楽しみです。天空の湯という日帰り温泉も併設されています。
PH9.5のぬるっとしたいいお湯です。

さぼりですからねぇ。着くなりビール飲んで温泉三昧です。
それから昼寝して、夜はワイン飲んで、みんな仕事しているかと思うと
こんなに楽しいことはありません。

翌日は山梨県立美術館に行って来ました。
ここにはミレーが展示してあるのですね。
静かでいい雰囲気の美術館です。

IMG_0221

そのまま帰るのでは早すぎるので、山中湖の古志路に
ソーセージを買いに行きました。晩ご飯用です。
途中の山中湖はこのように凍結していました。
道は大丈夫でしたよ。

古志路でお茶しているとハラハラ雪が降ってきました。
外は氷点下5度です。
3時過ぎでしたので他に客もなく、大変静かで落ち着きます。
本当はゆっくり本でも読みたかったですね。
IMG_0223

帰りは東名経由で帰りました。
途中かなり雪が降ってきてスキー場行く時みたいでしたよ。
海老名あたりでもかすかに降っていましたね。

で、海老名SAの神戸屋でフランスパン買って、
地元でワイン買って、今夜の夕食はまたワイン三昧です。
わーい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽と本と映像

みなさんは、映像を繰り返し見て楽しむということがありますか?
例えば映画だったり録画したTV番組だったり。

私は何故か映像についてはそういうことがありません。
どんなに楽しかった映画でも繰り返してみることはありません。
もちろん、TVで放映する再放送を暇つぶしにながめる事はありますが、
積極的にということはありません。
ですからDVDは1枚も持っていません。

本ですと何度も読みます。つまらなかった本は即ブックオフ行きですが、
気に入った本は繰り返し読んでも楽しむことができます。

音楽は、頻度がさらに高まります。
それこそ巻き戻して(これはカセットテープ用語ですね、
iPodだと何て言うんでしょう?)5回も6回も繰り返し聴くのはしょっちゅうです。

自分でも不思議なんですが...みなさんはどうでしょうか?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »