« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

ついに...

近未来通信、ついにですねぇ。

数年前に破綻したMTCIと同じビジネスモデル。
ゴルフの冠スポンサーをやるところまで同じですから、
いつかはやるだろうと思っていました。

ここにお金を入れた人は事業者扱いですから、
消費者としての保護は得られません。
残念ですがほとんど返ってこないでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

当ったり~

Images_1
話題となっているソニーバッテリーの発火事故ですが、
私のiBookが見事該当です。
詳細はこちら
米国内110万個、国外70万個...大変だぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Suunto Observer SR

Observer_micro_ea93
妻が時計の電池交換をしている時にたまたま見つけました。
前からリストップコンピューターは欲しかったのですが、
デザインがゴツ過ぎるところが今ひとつでした。
(私は手首が細いので)

このSuunto Observerは、比較的コンパクトですっきりしています。
気に入りました!
一目見て気に入ったデザインというのはだいたい当たりです。
ということで、なんやかんやあって買ってしまいました。
(正確には買ってもらってしまいました。感謝!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジカメプリント

デジカメの性能もプリンターの能力もずいぶん上がって
プリンターで写真を印刷しても違和感がなくなりました。
出来上がりは良いのですが、不満なのは
時間がたつと画質がひどく落ちてしまうこと。
数年前の写真を見てみると、
人の顔はマスカラを初めてつけた中学生みたいです。
インクが滲んでしまっているんですね。

皆さんはどうしていらっしゃるのでしょうか?

ほとんどの方はプリンターで印刷と思います。
もしかすると撮るだけ撮ってHDDの中に入れっぱなし、
という人もいるかもしれません。

で、先日カメラ屋さんのデジカメプリントを試してみました。
デジカメ映像を印画紙に焼き付けてくれます。
依頼もインターネット経由で画像転送できますから手間がかかりません。
(取りには行かなくてはなりませんが)

出来上がりは?
これが結構良いのですよ。
プリンターで充分と思っていましたが、印画紙の方が一枚上手ですね。
価格は、私の依頼している店では1枚30円です。

ところで、先日フィルムカメラを買いました。
FujiのNATURA Classicです。
ISO1600のカラーネガに対応しており、
光量の少ない場所でのノンフラッシュ撮影がウリです。
Webで見るとかっこよいのですが、実物はチープです。(笑)
何枚か撮ったのですが、まだ現像していません。
出来上がりが直ぐ判らない、このワクワク感はちょっと新鮮です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽井沢にランチ

今日は軽井沢にランチに行ってきました。
11時前に旧軽井沢の町営駐車場に到着しました。

既に軽井沢銀座はこんな状態です。
Dscf0023





人混みは嫌いなのでとっとと別荘エリアに入ります。
たぶん気温は25度くらいで、日陰に入ればとても快適です。
Dscf0024









40分ほどあちこちほっつき歩いて、レストランに到着。
PRIMO PIATTOというイタリアンレストランです。(写真無し)
歩いてきてますからね。ワインを頂けるのがメリットです。(笑)
で、2杯ほど飲んで、それではすぐ帰るわけには行かないので、
また2時間ほど歩き回ります。
雲場原通り~雲場池~鹿島の森通り~旧ゴルフ通~田辺レーン~三笠通り
地図はこちら

残念なのは、細い道まで車が入ってくることですね。
今度はもう少し静かな季節に行きます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月の1枚

ヘビーな話題が続いていましたので口直しに。
B000e1rj4a01_pe10_ou09_scmzzzzzzz_v57421
SOTTE BOSSEというバンドのデビューアルバム Essence of Lifeです。
サイトは、こちらかな?

2006年2月発売ですからだいぶ前ですね。
いつものパターンで試聴即買いです。

なんで買ったか?
全曲超有名曲のカバーです。(笑)
普通なら自分なりのアレンジをしたくなるところですが、
アレンジなどせず、あっけらかんと歌ってます。
そのあっけらかん具合が気に入りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

間違っていたのか?

ニュースは靖国参拝の話題でもちきりです。
第二次大戦を「間違った戦争」と呼ぶ人々がいますが、
私は二つの見方が必要だと思います。

一つは現代の基準による判断。
このときは間違った戦争という言い方になります。
帝国主義による植民地確保は、
現代の基準ではとても許されるものではありません。

もう一つは当時の基準による判断。
(言い方が難しいですが....)
間違っていたとは言えないというのが私の意見です。
他の選択もあったかもしれない。しかし、帝国主義は、
当時であれば有力な選択肢の一つでしょう。

戦争を肯定するのか!!と叱られそうですね。
もちろん今であれば肯定しません。
しかし当時であれば判らない。
今でも、もし私がパレスチナ人なら判らない。
1500年代に生きていたとして反戦主義を唱えることができますか?
人間の主義主張なんて、周囲の社会環境に多大な影響を受けるものです。

私の言いたいことは、先の戦争に対するあらゆる評価は、
普遍的なものではないということです。
だからこそ、いろいろ考えて欲しいんですよね。
A級戦犯が悪いというような固定した見方だけじゃなく。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

死刑

先日読んだ2冊の本ですが、偶然同じ死刑囚について書かれていました。
さよなら死刑で被害者は救われるのか 原美由紀 著
死刑のすべて 坂本敏夫 著
原さんは元記者のルポライター、坂本さんは元刑務官とあります。

私は深く考えることもなく賛成派でした。
(この2冊を読んだ後もまだ賛成派ですが)
しかしこの2冊を読んでから、賛否を論理の正当性で決めるのはとうてい無理だ、
と思うようになりました。相互理解のための議論は必要ですが、
相手をうち負かすための議論では無理です。
国による殺人は是認できない、というような主張も
目には歯をみたいな因果応報の論理も無理があります。

もう少しその人それぞれの肌感覚というか、
感情とか嫌悪感とかに左右されるべきだと思うようになりました。

その社会の人間というか命の価値というか、それに左右されるんじゃないでしょうかね。
例えば日本の戦国時代なら死刑反対派は本当にごく少数だったでしょう。
将来命の価値が高くなれば、反対派が多数を占めるように思います。

あるいは、こういう設定はどうですか?

・異国人が多数日本にいるが社会的には全く同化していない。
・日本人はその異国人に差別意識を持っている。
・その異国人による凶悪犯罪が多発している。
・日本人は、凶悪犯罪は起こさない。

極端な設定ですが、このときには賛成派が多数になるでしょう。

要は日本という国は、まだ人の価値も命の値段も安い国ということですね。
ただ、死刑のすべて 読んでからひどく残酷な刑罰だとは思うようになりました。

それからさよなら死刑で被害者は救われるのか
被害者救済と死刑を結びつけた記述には違和感を感じました。
被害者が死刑中止を上申したから特別に執行を考慮する、
なんていうことをしたら大変なことになってしまいます。
死刑は刑罰としてあるのであって、被害者救済を死刑で代用してはダメです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

シトロエン世田谷

兆 kizashi.jpで"エグザンティア"で検索したところ、
多田さんのBlogで見つけたシトロエン世田谷の文字。

「おっ、GSTがついにオープンさせたか?」

と思ってググるとちょっと違う。

シトロエン世田谷

ああ、違う会社なのね。
ということはGSTギブアップかな?

私の住居から世田谷区尾山台はちょっと、だいぶ、いやかなり不便ですねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ジンクス

出張から昨日帰りました。

私には「海外出張後の最初の出勤は雨」というジンクスがあります。
昨日の天気予報では、午後から雨。
おお、外れたかなと思ったのですが、
翌朝ちょうど家を出た時から大雨。
今回もばっちり当たりました。


Ext_gallery08
ところで今回の出張で使ったレンタカーはコレ。
Chevloret Cobalt とかいう2ドアクーペでした。
本当はフォーカスを予約していたのですが、準備されておらず。
「何でもイイから」と言ったらコレになりました。

アメ車は本当にエンジンの使い心地がよいですね。
Webで調べると2.2Lのどってことないスペックなんですが、
2000回転前後を上下させるだけで普通に加速します。
逆に120kmくらいから心許ない直進性とか×なところもあるのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教師が売るモノ

今週は、米国に出張です。

こちらは地域によって家の価格が全く違います。
日本ですと都市や駅に近いと高いのですが、
こちらは安全なところと教育程度が高い(生徒の成績が良い)地域が人気です。
日本の土地は世界で一番高いと思っている方が多いかもしれませんが、
この辺り(シリコンバレー)は、4千万くらいから、人気地域ですと
8千万~2億円(まあ、豪邸ですけど)はざらです。
で、それを購入できる人もたくさんいます。
もう少し山(眺めの良い)方に行くと~10億くらいでしょうか。

今回の出張であった人も、子供が生まれたからポルシェから
CLS500に乗り換えただとか、
ゴルフ場の中に家を持っているとか、
自分はBMW M3、妻はBMW5??とか、
とにかく金持ちです。(笑)

で、本題ですが、彼らと話をしていて、
「こっちでは先生がクーポンを売るんだよ」
「クーポン?」
「近所のスーパーとかのクーポンだよ」
「ん?先生が生徒に何を売るの?」

言葉は判っているのに何を言っているのかまるで理解できませんでした。
何度も聞き返すと、

カリフォルニアは破産状態で金がない。
で、学校にも金がない。
で、先生にノルマがあって、リサイクル品を集めたりクーポンを売ったりする。
そのクーポンの売上の数%が、店からバックされて学校の運営費に充てられる。
子供がそのクーポンを近所に売ったりもする。

マジ?で、父兄はそれに協力するわけ?

するんだそうです。
しないと先生もモチベーション上がらないし、結果として教育に熱が入らなくて、
程度が下がってしまう。...自分の学区のレベルが下がる。

大金持ちがいながら、学校は破産状態で先生がクーポン売る。
crazyとか言いながら別にどうて事は無さそうなんですね。
いや、世界は広いですわ。

それからこちらでは、ゴミの収集に必要な委託費用が月100ドルだそうです。
ゴミ袋有料化でケンケンガクガクの日本とは隔世の感です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »