« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

登下校確認システム

中日新聞によると、
登下校確認システム、来年導入へ岐南町の3小学校
とのこと。

こういうもので安全が確保できるという幻想。
そこにはリスク管理のかけらもない。

別の学校でしたが、先生が子供の友達関係を把握するのに
使うことができる、と発言していたこともありました。

他の目的を隠して「安全」という抵抗できない理屈をつけるところがいやらしい。
これをおかしいと思う親や教師は岐南町にはいないのでしょうか?
君が代で起立するかどうかよりよほど重要ですよ。

ところで、教師つながりで...
こんなサイト見つけました。
RateMyTeachers.com
これはこれで怖いなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

訪問販売

先日訪問販売の人が来ました。

「障害児の施設で作っている雑巾とかを買って頂けませんか?」

施設の運営を支援することはやぶさかではありませんが、
最近はこの手の詐欺も多いですから、一見さんは信用できません。
そういう消費者心理をよくご理解いただいた上で、
まず自らの信用を高めるような手段を取った方が良いかと。

自治体もそのためのCAとして機能するとか。
CA=Cabin Attendantではないですよ(笑)
Certificate Authority=認証局です。

その上でWebで販売して、また自分で届ければ良いでしょう。

街頭の署名活動とかでも思うのですが、
何の活動なのか遠くからでも判るように看板置いてください。
こちらは忙しいし、変なアンケートやら売り込みやらあるので、
立ち止まって聞いてから考える、というのはなじまないのです。

消費者心理(消費者じゃないけど)を考えて下さい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

桑田引退

私は別に桑田のファンでも何でもありませんが。

ニッカンなど桑田の行為を非難していますが、
それはちょっとお門違いですね。
桑田の言葉は球団の公式ホームページにアップされたのであって、
桑田自身のブログとかではないですよね。
球団の公式ホームページの内容は、球団の公式発言と見られるべきで、
常識で考えて広報などで統制されなければなりません。
私の勤めているちんけな会社でも、会社のHPでリリースされる情報は、
経営陣は事前に把握しています。そのように情報は管理されています。

事実として原監督は知らなかったようですが、
情報をどのようにリリースしていくのか、
その管理がまったくできていないということです。
あるいは原監督は知る必要がなかったのか。

読売新聞というメディア関連の球団なのですから、
スマートなリリースをお願いしたいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ワイパーブレード交換

エグザンティアのワイパーブレードを交換しました。
純正品はゴムの寿命が半年程度しかないので日本製ゴムを使いたいのですが、
純正ブレードに合致する替ゴムが滅多に手に入らない。
私の知る限りChanpion製だけです。

で、私はブレードごと日本製に変えてます。
PIAA製 スーパーシリコート81 SSC60FB(運転席側)
PIAA製 スーパーシリコート10 SSC50(助手席側)
リアは、オートバックスでF48Gという替ゴムが純正ブレードに使えます。

日本製のゴムは寿命が長い!平気で1年以上使えます。
しかしブレード本体(骨部分)の塗装が弱い。
純正は艶こそ失せていますがまだしっかりしています。
PIAA製は、2年で錆が出てきています。

このあたりお国柄なんでしょうかねぇ。

それから純正でビビリに悩んでいる人。
私も純正ブレードのあっちを曲げこっちを曲げしていたのですが、
PIAAに変えてからビビリは出ていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十勝ワイン 山幸 2001

L64







先日購入した3本のうちの1本です。
車で行ったためテイスティングしませんでしたので、
どんな傾向の味なのか楽しみでした。

まず色は....エビネ色という感じで、鮮やかな色ではありませんでした。
勝手にフルボディと思いこんでいたのですが、もっと軽い酸味の強い味です。
「1978年に清見に山ブドウを掛け合わせて研究・栽培し続けた「山幸種」からつくられ、
山ブドウの血を充分に引き継いだ野趣あふれる香りと酸味が特徴です。」
とあったので、土臭い味かと思いましたが、フルーティーとも言える味かな?

日本のワインでは好きな味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HDD壊れました

今朝iTunesに追加しようと外付けHDDを立ち上げると認識しません。
USBとしては認識するのですが、ドライブとしてはダメです。
アクセスランプを見ると点灯しっぱなし。
念のためPCをリブートしましたがもちろんダメ。

HDDがお亡くなりになったようです。

ばらしてみると富士通MPG3409ATでした。
ネットで調べると、

リコールかかっているじゃない!

おっ、もしかしてと思ってメーカーサイトを確認しましたが、
とっくに交換期間は終わってました。(泣)

まあこちらはiPodから復元すればよいのですが、
もうひとつのAppleの方はしばらくバックアップとっていないので心配になり、
(我が家は、携帯用のiPod→PC接続とホームオーディオ用→Appleと二つあります。
サンプリングレートが違う。)別の外付けディスクを接続すると.....

そちらも死んでる!

カチャン、カチャン と繰り返し音がしていて、典型的症状。
これなんか、バックアップ専用HDDなので今まで2回くらいしかつないでいません。
保証は...

今年の7月で切れている。(泣)

「いつまでも、あるとおもうなHDDの寿命」


| | コメント (2) | トラックバック (0)

帰ってきました

板金修理完了です。
出来は....今ひとつですね。
プレスラインが甘くなっているのが判ります。

以前板金業者の方に聞いたのですが、
私のXANの色は、色乗りが悪いので通常より多く重ね塗りが必要とのこと。
そういう理由もあるのかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今月の1枚(番外編)

今月は番外編もお届けします。
B0000dz8d901_ss500_sclzzzzzzz_v58847442__1







スネークマンショウの急いで口で吸えです。
スネークマンショウについて詳しくはこちらへ。
このアルバムは1981年リリースです。その頃大流行しました。
ショートコントと音楽が交互に入っています。
コントといっても今のお笑いのようなものではなく、もっとブラックです。
で、思い出して急に聴きたくなって買ってしまいました。
もし聴いたことがない人がいたら、面白いかもしれないです。
音楽の部分だけでもYMO、シーナ&ロケッツ、サンディとか入っていますし。

ちなみに私の好きなのは、「これなんですか」と「正義と真実」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月の1枚

B000637xn801_ss500_sclzzzzzzz_v111617796







今月の1枚ですが、sophie milmanです。
例のごとく、何者かまったく知らないのですが、
ノーツをみるとカナダに住む23歳。ロシア系のようです。
ジャンルでいうとジャズボーカルです。
とてもかる~く歌っており、バックの演奏も軽めです。
その意味ではアダルトコンテンポラリー(古い!)といっても良いと思います。

さて、このアルバムの何がよいか....
録音が良いです。原音忠実という意味ではなく、
適度の響きをもたせて録音されています。
それが臨場感を生んでいるように感じます。
目をつぶって聞くと小さなライブハウスで聴いているようです。
といってライブ盤のような音ではありません。
ライブ盤の音は、ライブとは全然違います。
ライブ盤の音はライブ盤の音です。

聴いていて気持ちの良い音が好みの方に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休み~最終日

さて、最終日です。
最終日は富良野と美瑛をまわります。
まず最初に富良野チーズ工房に行きました。
Dscf0186






買う気でいったのですが、ちょっと私の好みではありませんでした。
あっさりというか、淡泊というか。
私は青カビ系の濃いのが好きなので。

次に向かったのは、富田ファーム。
Dscf0188






べたべたの観光コース通りです。(笑)
ここには人が一杯いました。
今回の旅行で人がたくさんいたのは3カ所。
旭山動物園、幸福駅跡、そしてこの富田ファームです。
自慢のラベンダーは終わっていました。
とりあえず行ったということだけ記憶に留めて美瑛に向かいます。

美瑛ではできるだけ有名ではないポイントをまわりました。
ここで写真を撮ると私のような素人でもそれらしく撮れてしまいます。
Dscf0197





Dscf0198






美瑛はできるだけマイナーな、そして見晴らしの良い道路を通ると
結構良いポイントが見つかると思います。

羽田行きの飛行機は最終の21時45分。
時間は十分あると思ったのにいっぱいいっぱいでした。
18時30分旭川発札幌行きの特急で帰路につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イラクで日本大使館員車両に銃撃、死傷者なし

外務省は14日、イラクの首都バグダッドで足木孝・駐イラク臨時代理大使が
乗った車両が銃撃を受けたと発表した。

妻が、「臨時代理大使」ってひどい肩書きだね、と。
確かに臨時代理って....臨時の代理ですよね。

ごもっともです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ガコッっと

やられました。
Dscf0238





パーキングブレーキが緩かったために勝手に動き出して、
私の車にぶつかりました。まあ、当て逃げされないだけ良かったですけど。

代車は夢も希望もないカローラ。
まだ3千キロ走っていない新車ですが、
それでも夢も希望もありませんね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

夏休み-3日目

3日目でやっと晴れました。
熱気球に乗ろうと思ったのですが、強風で中止。残念。
地面ではたいした風は吹いていないのですが、
上がると吹いているのでしょうか....

ということで池田ワイン城に向かいます。
十勝川温泉から池田町に入るとすぐにこのようなぶどう畑が。
Fh000024_1





プロジェクトXに取り上げられたのでご存じの方も多いと思います。
ここは、かつて財政再建団体に指定された時に
復活のためにワインを作り始めました。

ツアーに参加して中を見せてもらいました。
Fh010006





日本の多くのワイナリーは、やむなく生食用のぶどうを使用しているのですが、
池田町では自前で交配した品種をもつ本格派です。
ついつい3本も買ってしまいました。

昼前に出発し、宿泊予定のかなやま湖に向かいます。
その途中のショット。
Fh010008





ビート大根畑です。
この辺りは、ビート大根とトウモロコシとホップの栽培が多いようです。

途中何カ所か立ち寄ったのですが、そこは端折って3日目の宿泊場所。
かなやま湖のログホテルラーチです。
本館が満室だったので、ログハウスを割り当てられました。
通常は4人~5人で使う広さです。
Dscf0171





あーっ、ここは1泊ではもったいない。
2泊~3泊してゆっくり本でも読みたい場所です。
こんなに美しい場所なんですから。
Dscf0179


| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイペース

さて層雲峡から帯広ですが、国道39号~273号の糠平湖まで、
大変素晴らしいコースです。北海道らしい直線あり、山道あり、素晴らしい景色もあり。
そして何より素晴らしいのは、ほとんど車が走っていないこと。
本当の意味でマイペースで走ることができます。

最初こそ日頃の反動からスピードは上がり気味でしたが、直ぐに本当の
自分のペースで走るようになりました。そして何より気持ちがいいのは、
追いついても追いつかれてもスムーズにやり過ごすことができることです。

先行車に追いつくと、僅かに左に寄って抜かせてくれます。
後続車が追いつくと、関東では考えられないくらい車間を空けてついてきます。
関東なら「オラオラ」とあおるところです。
私が僅かに左によるとすーとスムーズに抜いて見えなくなってしまいます。
この2時間くらいだけでも旅行の価値がありました。

さて、2日目に宿泊したのは十勝川温泉の観月苑
Dscf0158






ちょっと奮発して露天風呂付きの部屋にしました。
Dscf0150





十勝川温泉は、モール温泉と呼ばれています。
泥炭地層から湧き出ているためピート水のように茶色をしており、
鉱泉ではなく植物性の温泉と言われています。
肌がツルツルになる大変良いお湯でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

教育

昨日ニュース番組で、「モデルにならないか?」という勧誘で女性を集め、
言葉巧みに消費者金融のカードを作らせて、そこからお金を引き出して着服。
返済は、実態のない会社(モデルエージェンシー)が行う、という内容の
契約書を結んでごまかしていた、という事件を報道していました。

こんなのに騙されるなんて馬鹿だなぁ~、というのは簡単なんですが、
社会経験が十分ではない人だと、この筋のどこがおかしいのか
見分けるのは難しいのかな、とも思います。

私なんぞは今でこそ、知らない会社からの引き合いは
まず調べ尽くせ、というのが身に付いていますが、
それだって大学卒業時に身に付いていたわけではありません。

騙す方は年々手を変え品を変えテクニックを磨いてきますが、
被害者の方はほとんど教育されていませんからね。
(されてないですよね?私は経験無いです。今はしてるのかな?)

学校で教えることか?と言われると違うという気もするのですが、
しかし、今の複雑な世の中、ある程度教えてあげないと
失敗して覚えれば、ではちょっと厳しいように思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ルノーグランセニック

ですが、後期型は輸入しないそうです。
ディーラーからのチラシに書いてありました。
このクラスはなかなか成功しないですね。

日本法人の"経営"を考えれば仕方がない決断と思いますが、
もう少し工夫はできないかなと思います。

やはりメンテナンスが問題でしょう。
外車の場合、国産車と比べて車齢が長いと推測されますので、
10年15年先の責任を考えると、いっそのこと販売を止めた方が無難、
という気持ちはよく判ります。
ディーラー教育やパーツ供給体制もありますからね。

こんなのはユーザーに受け入れられるのでしょうか?
・販売台数は少ないが、日本法人として販売する特定車種を決める。
・その特定車種は、日本法人は在庫をしない。受注販売とする。
・パーツも在庫をしないことを原則とするが、受注は日本法人が受け付ける。
・メンテナンスをする拠点(会社)を募る。
・メンテナンスは、原則としてその拠点が行う。
・メンテ資料の日本語化はしない。(今されているかは知りませんが)
・販売したディーラーは、その拠点への陸送は代行する。
・拠点は、メンテする車種を限定できる。

まあ言うならば、限りなく並行輸入に近いことを日本法人がやる訳ですね。
メンテ拠点を限定することでその拠点はある規模が確保できますし、
ノウハウの蓄積も可能です。ユーザーも、ある程度のパーツ確保は
自分でやらなければならないかもしれません。
陸送費用や高めのパーツも受け入れる必要があります。

ロングテール理論的にはアリだと思うのですが?


| | コメント (8) | トラックバック (0)

夏休み(2日目)

翌日は、黒岳に登る事にしました。
登ると言っても5合目まではロープウェイ、そこから7合目まではリフトです。
しかし残念ながら天気が悪い。
7合目はこんな感じです。
Dscf0131






茶店で尋ねても、頂上もガスだと思うよとのこと。
で、あっさり登頂はあきらめて(笑) 次の目的地帯広に向かいます。

向かう途中、タウシュベツ橋梁という橋の残骸を見に行くことにしました。
これは、旧国鉄士幌線で使われたコンクリート造りのアーチ橋です。
詳しくはこちら
判りやすい場所にあると思っていたのにこんなに小さな標識。
Dscf0148






しかもこんな林道
Dscf0146






本当にこの先にあるのか?と思いながら進んでいくと、
藪の後ろに毛がチラチラ、猫?にしてはでかすぎる。
熊?色が違う。.....鹿でした。
静かに静かに前進して真横に並んでぱちり。
Dscf0143






行き過ぎたのか?.... とやっと見つけたこれまた小さい標識。
Dscf0144






べちゃべちゃの林道を歩いてやっと湖畔に出るとそこに見えたのは!
Fh000024






いや、見えなかったのでした。
この橋梁は、糠平湖の水量が少ない時は水面に出ているのですが、
増えるに従って水没してしまうのです。

長くなったのでこの後は次回。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休み

8月30日から1週間夏休みをとることにしました。
で、3泊4日で北海道へ行ってきました。

今回は、旭川~層雲峡~帯広~富良野・美瑛とまわってきました。

本当は旭川空港から入るのが便利なのですが、旭川路線のような割当数の少ない路線では
マイレージのタダチケットが取れません。
時間を有効に使うため7時前羽田発新千歳行きの便を利用し、千歳から列車で旭川に向かいます。

旭川でレンタカーを借りてまず向かったのがココ。
超有名観光スポットの旭山動物園です。
Dscf0057
これが話題の"もぐもぐタイム"ですね。ペンギンです。




コレを見るためには、こんなに並びます。
平日でしたので恐らくだいぶマシだと思うのですが。
Dscf0056









なんだよ、イイ歳して動物園かよ~、とか思っていたのですが、
見せる工夫が施してあって面白かったですよ。
動物にとっては見られるというのはストレスが溜まるのでしょうが、
こうやって多くの来園者があればより広い快適な飼育場所が得られるわけですし。

30日の宿泊は層雲峡温泉です。
ここは紅葉で有名な大雪山系の麓にある温泉で、
夏休みと紅葉シーズンの狭間だったからでしょうか、大変空いていました。
泊まった宿はこちら、湯元銀泉閣。
ケーブルカー乗り場には歩いていけますし、混むであろう紅葉シーズンにはベストでしょうね。
お湯はサラサラな軽めのお湯です。
源泉掛け流しと聞いていたのでこってり系を期待したのですが、
その点ではちょっと期待はずれ。
あと露天風呂は一階で壁に囲まれているので、雰囲気は今ひとつだったかな。

1日目という事でここまで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »