« ついにきたか! ヒーターコア | トップページ | 今月の1枚 »

戦略

古くからの知り合いの中国人の社長。

「日本市場への参入は一番最後だ。とにかく厳しい市場だからね。
それ以前に参入すべき市場は他にもあるよ」

米国ベンチャーの社長。

「日本は、まず参入すべき市場だね。
日本市場で通用する商品なら他のどこの市場でも通用する。
品質やシステムをチェックするリトマス試験紙として最適の市場だ」

さて、F車各メーカーはどういうつもりで日本市場に参入したのでしょう。

こちらは、F車ショップ RS Unoさんのコメント
恐らくユーロ高の影響だとは思うのですが...

ユーロが高くなると、EC加盟国は、自国が強い市場に
傾斜せざるを得ないかもしれませんね。
ドイツは自動車などの製造業、フランスはブランド、香水、ワイン等々...
ドイツ車は少々高くなっても売れるでしょう。
ブランド製品も同じく。
弱い製品で高いのでは売れません。

日本の購買力は弱くなっていますからね。
ただas isの製品を販売するだけでは難しいと思いますよ。
F車ベンダーの社長様。

|

« ついにきたか! ヒーターコア | トップページ | 今月の1枚 »

「思うところ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
TBありがとうございます。

> ユーロが高くなると、EC加盟国は、自国が強い市場に
> 傾斜せざるを得ないかもしれません
確かにその傾向はあるのかもしれません。
でも個々の企業は弱いからと言って利益アップを考えない事はないでしょう。
もちろん、ボク達にとって喜ばしく無い「撤退」と言う対応もあり得ますけど。

> 日本の購買力
会社員の収入は減っていますが、企業の利益が増え、経営者・株主の報酬・配当も増えているようです。
良い物にお金を出せる人は少なくないのではないかと思っています。

とすると、ただでさえ国産車と比べて割高となる輸入車は高級志向をより高めないといけないのかもしれません。
一般的な大量生産・薄利多売型の経営では体力勝負になります。
ブランドを構築し、コストと価格の不透明性を維持すれば価格競争も関係なく、高い利益率を得られるのではないかと考えます(これがレクサスの意味ですかね?)。

一朝一夕に出来る事ではないでしょうし、成熟している車業界でブランドを構築するのは難しいでしょうから、そのような目標を持つのはリスクが大き過ぎるかもしれませんけど。

高級志向が強まると間違いなくボクには買えなくなるので、そのような変化は望まないのは言うまでもありません(笑)。

投稿: asn? | 2007/01/15 23:50

asn?さん、こんばんは。
ご返事が遅れてすみません。

日本でF車の高級シフトは失敗しそうです。
過去を見ても205、306、Kangooなど、
そこそこのお値段の車種が人気です。

本国でも同様と思うのですが。

C4はもう少し売れると思ったのですが、それほどでもありません。
そろそろまじめに考えないとやばそうな感じが....
C6で浮かれている場合じゃ無い!

投稿: savoy | 2007/01/19 23:59

こんばんは、亀コメントで失礼します。

> F車の高級シフト
仰る通り売れた仏車ってカジュアルな路線ですよねぇ。
でもそれを変える事ができれば...と。
いや、ああ書いておいてなんですが、ボクも現実的だとは思って無かったりします(笑)。

> C4
実際どの位売れているのかは知りませんが、確かにあまり見かけないんですよね。
何故でしょうねぇ?

やはり輸入車=高い&壊れるってのはありますよね。
独車は多少壊れにくそうだしディーラーも多いしで仏車よりは印象良いのでしょうね。
もちろんブランドとしての力も強いですし。

あとは輸入車を買う人の多くが重厚系のテイストを好んでいるのかもしれません。
独車ってボクの中では重厚です。
高い=ブランド=重厚、この辺のありがちなパターンなのかなぁ。
てかシトロエンやルノーの車、存在を知られてないのでは?

> C6で浮かれている
いや、浮かれているのは仏車好きの一部の人達だけでして(笑)。
インポーターは浮かれてないと思いますよ。
まじめに考えるにしても、一番大切な車の魅力が無いとダメですよね。

ボクはカジュアル路線が好みですけど、最近のラインナップはちょっと違う気がしますね。
C3とかルーテシアも妙に高級感が出てるんだよなぁ。
カングーはその点良い感じです。
正直言って欲しいです。

投稿: asn? | 2007/01/21 23:37

asn?さん、コメントありがとうございます。

なんで売れないのでしょうねぇ?
ルノーは、販売網はしっかりしていますし、
シトロエンもXANの時代よりは格段に魅力的なラインアップと思います。

> 高い=ブランド=重厚

高い=ブランド=重厚....誇り・尊敬みたいな連想ですかね。

> カングーはその点良い感じです。
> 正直言って欲しいです。

同感です。
でも、モデルチェンジすると埒外かもしれないですね。
ルノーは、前モデルの方が良かったように思います。
それはシトロエンも同じか...
(あくまで私にとってです)


投稿: savoy | 2007/01/22 21:43

こんばんは。
もう一回だけ粘着コメントを。

タイムリーな事に森口さんが記事を書いてますね。
http://allabout.co.jp/auto/frenchcar/closeup/CU20070122A/index.htm
savoyさん、ひょっとしてお知り合いですか?(笑)

> カングー
海外サイトのスクープ画像を見ると明らかに現行が良いです。
ですから、ボクが買うときは中古と言うことになります。

> 前モデル
ルノーは(売れてないらしいけど)メガーヌなんかは良いと思うのです。
ルーテシアは前の方が良かったですね。
初代がベストでどんどんイマイチ度が増す気がします。
トゥインゴもカングーも次はイマイチだと予想しています。
ですので今後はより厳しいと思います。
どうしちゃったんだろう?

シトロエンはZXやXMやXANの初期の頃までは好きでしたがその後はちょっと...と思っていました。
でも最近は良いように思います。

最低限車が魅力的でなければならず、その上で営業的な戦略ですよねぇ。

投稿: asn? | 2007/01/23 00:04

asn?さん、こんばんは。

>お知り合いですか
ええ、遠い親戚で...わけないですね。

Kangooは、ディスコンになるときには悩むだろうなぁ。

もちろんメガーヌも悪いわけではないです。
ただ積極的に選ぶ理由がないのですね。
乗りたいクルマは色々あって、その中の一台に過ぎないという感じです。

投稿: savoy | 2007/01/23 23:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91042/13491878

この記事へのトラックバック一覧です: 戦略:

« ついにきたか! ヒーターコア | トップページ | 今月の1枚 »