« 変わらぬ日本人 | トップページ | 今月の1枚 »

覚醒せよ!労働者

ウザイ政治ネタですが(笑)

先日大騒ぎ(でもないですか)になったホワイトカラーエグゼンプション。
もう少し整理した方が良いと思います。

長時間働かされて残業カットじゃたまらん!という反応がほとんどですが、
まず長時間労働と残業カットは分けて考えましょう。

ホワイトカラーエグゼンプションは残業カット、というより年俸制。
長時間労働は、残業代にかかわらず止めるのが正解。

一部の方は自分の残業代を思い浮かべて、
これがカットされたら生きていけないという反応でしたが、
残業分全額ダウンなんてある訳無いですよ。
日本の残業代には基本給の性格もありますし、
そりゃ月給が10万近く下がればモチベーションも落ちます。
会社が成り立ちません。
とは言っても、長期的にはダウンするでしょうね。
特に管理職直前の人。

では私は賛成かというと、現段階では導入に反対です。

正直言って、生活のために残業している人の残業代なんて
カットされてしまえと思いますが、しかし、左右を見て同じ事を
していないと不安になるサラリーマンには不利すぎる制度です。
当初の目的を外れて会社側にうまく利用されると思います。

米国では人を雇う時には、要求される資質を細かく定義します。
能力だけでなく、性格に関係するような部分まで含みます。
日本のように「求む営業」みたいなのはありません。

日本ですと雇ってから、
「彼は能力あるねぇ、営業で来てもらったけどマーケティングも
兼任してもらうか」なんて軽く依頼したりしますが、
米国人だと素直にハイという人はあまりいないと思います。
断る人と条件闘争(それならサラリーを上げろ)が多いと聞きます。

仕事がないと平気で午後2時くらいに帰りますしね。
隣が忙しくても関係ないです。
雇用の時に、自分の仕事は明確に定義されていますから。

それくらいドライにしたたかにならないとあの制度は厳しい。
ただ、だからこそチャンスだとも思うのですけどね。

残業代さえ出れば今のままでいいのか?
もしそうなら近い将来消えるのみだと思うよ。

|

« 変わらぬ日本人 | トップページ | 今月の1枚 »

「思うところ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
自分に当てはめて考えます。

プログラマは一般的にキツい、帰れない、給料安いの3Kだと言われています。
ボクの職場では帰れないことは無いですが、仕事量は多いですし、開発の仕事は時間見積もり通り進まない事が多々あります。
どう考えても定時ではこなせない仕事を抱えている人も多いです。
当然ながら残業すると厳しい事を言われますが、結果を出さないと話になりませんのでやるしかありません。

パソコン触るのが趣味みたいなマニア系の人は長時間を苦にせず給料安くても文句言わなくて...そういう都合良い人が職場にいると、その人が基準にされる場合があるので要注意です。

> 当初の目的を外れて会社側にうまく利用される
まさにそのようになると感じています。
ですからボクも反対です。

そもそも現時点での基本給が正しく算定されてるのか疑っているのに年収制にされたら...
時間単価の下がっている昨今、仕事量は増える事はあっても絶対に減りません。

> 生活のために残業している人の残業代
より多くの豊かさを求めた生活残業ならばカットされても良いと思うのですが、本当に給料が安くて苦しい人って居ないのですかね?
その場合にはバイトするか転職するか、でしょうか。
プログラマの場合はバイトする時間はありませんので諦めるしか無いです。

どうも職種によって給与体系の向き不向きがあるように感じます。
というかプログラマはホワイトカラーではなくブルーカラーでした。

投稿: asn? | 2007/02/03 21:25

asn?さん、コメントいつもありがとうございます。

ホワイトカラーエグゼンプションは、人件費カットの仕組みですから、対象の人と法の精神を外れて運用された人(だからといって違法とは限らない)の賃金は必ず下がります。

従業員側の対抗策は、
「それなら辞めます」
です。

ただ日本は雇用の流動化が進んでいないので、転職が難しいです。反対意見はあるでしょうが(ほとんどの方が反対かもしれませんが)、雇用の流動化の特効薬は、クビにし易くすることなんですけどね。

ただこれにしても、求人求職のバランスが取れていることが前提です。

先日NHKスペシャルで「フラット化する世界」を3日に渡って放送していました。これまでは日本の中で各人競争していたのが、これからは世界で競争するようになります。私は仕事柄それを実感します。asn?さんも感じられていると想像します。

教育基本法のレベルの議論をしている場合ではないのですけどね。日本人は、世界のどの生活レベルで生きていくのか、そしてその実現のために必要な教育は何か? 直ぐに真剣に始めないと。

投稿: savoy | 2007/02/04 17:54

savoyさん、

> 人件費カットの仕組み
そんな事しなくても経営者側の方が強くありません?
組合とかがしっかりしている大企業とかは知りませんが。
確かに労働者は守られているらしいですけど実感は無いです。

> 雇用の流動化の特効薬は、クビにし易くすること
うーん、確かにそうですねぇ。
ただ、先にクビにし易くされても...。

> 「それなら辞めます」
これが武器にできるといいんですけどねぇ。
試してみる勇気がありません(笑)。

> 世界で競争
ボクの居る業界自体国境はあまり関係ないですからね。
特にBRICSやらVISTAやらが恐いですね。
人件費ベースで仕事してるとある意味ダンピングに近い感覚を覚えます。
とりあえず技術力や対応やらで負けないように、と考えていますが...。

> 生活レベル
前にもこのキーワードが出てきましたね。
国内だけ見てヌクヌクしてるとヤバイですね。

投稿: asn? | 2007/02/04 21:50

asn?さん、こんばんは。

>そんな事しなくても

いえいえ、彼らの欲には際限がないですよ。

>ただ、先にクビにし易くされても

こればっかりは、出るものがないと入らないですねぇ(笑)

>特にBRICSやらVISTAやらが恐いですね

いわゆる技術者も安穏とはしていられないです。
営業職に直接及ぶことはないでしょうが、
営業は営業で、これまでの販売担当のような人は
不要と言われ始めています。

TVとかでよくドキュメントやっていますが、
ワーキングプアが最近話題です。
私の職場は、もういくらでも人が欲しいのですが、
それでも彼らを雇うわけにはいかない。
お役人には、その本質をよく考えて欲しいです。

投稿: savoy | 2007/02/05 20:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91042/13766257

この記事へのトラックバック一覧です: 覚醒せよ!労働者:

« 変わらぬ日本人 | トップページ | 今月の1枚 »