« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

白物も悪くない?

先日某大手総合家電メーカーの方に聞いた話。

「白物(冷蔵庫とか洗濯機)は、業績悪くないですよ。
ユーザーの方も長く使うつもりで選びますから、
少々高くても高機能の製品を買ってくれます。」

なるほど、

「一方AV家電は駄目ですねぇ。開発費はかかるは、
せっかく開発しても直ぐに競合が出てきて、値下げ合戦になる。
ユーザーの方も3年くらいで買い替えるつもりですから、
値頃感が低い。はっきり言って、関係している従業員の
雇用確保のためだけに継続してます。
できることなら止めたいですよ。」

なるほど、

自動車が白物化していると言われ始めて久しいですが、
そのセリフって、どちらかというと商品としてのクルマ側を
見てのことだと思います。

最近言われる、新車が売れない や 自動車寿命の長期化は、
景気や可処分所得が理由にされていますけど、
ユーザーのクルマに対する見方が白物化してきた証拠なんでしょうね。

とすれば、クルマが白物化するのも必然ですか。
顧客ニーズ対応ですからね。

不振の日産。15年使えるクルマでも出したらどうでしょう。
(イヤ、別に今のままでも使えるけど、そういう意味じゃなくてね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トオサンの桜

41nrauxybml_ss500_
もう15年も前になりますが、
仕事で台湾に行きました。

その時に会った方、
現地で会社の社長を
していらっしゃいました。
とても日本語が堪能で、
もちろん商売ということは
あったでしょうが、
それでも大変親切にしていただいた記憶があります。


その方からビンビン感じたこと、
日本が好きという感じなのです。

でもこちらとすると、それだけ日本語が喋れるということは、
戦前に覚えさせられたんだよね、
何でそんなに日本が好きなのか疑問に感じると同時に
ちょっと心苦しかった記憶があります。

この本を読んでその疑問が解けました。
本当に当時の日本が行った教育に
感謝している人々がいたのですね。

当時の方のプラス方向の生の声は、
本であっても出合った記憶がありません。

この本の台湾の方が学んだのは....
日本精神(勤勉、正直、礼儀、規律、清潔、公徳心)
とあります。

しかしそれにしても、今の日本のていたらく、
本当に駄目になってしまったんだなと
改めて考えさせられる本でもあります。

比較的(いや相当か 笑)右よりの私が「日本精神」と
聞いても戦争しかイメージできませんからね。
そんな教育って何だったんだ?

※ 24日 一部追記

| | コメント (2) | トラックバック (0)

それをイジメという(2)

コムスン問題。
折口バッシングスゴイですね。

虚偽申告なのでその部分は弁解の余地無し。
今回の処分も妥当と思います。

しかし、それと折口バッシングは別。

グッドウィルのHPを見ると、今年の3月にコムスンの
評価損を出していますね。235億8千万です。
これは、買収時と比較して235億のポテンシャルが減じたということです。
コムスンの業績も良くない。グッドウィル的には、
この処分が無かったとしても事業として大失敗です。

確かにあくどいやり方だったのでしょうが、儲かっていないんですよ。
利益を得たのは介護を受けた人、それから間接的には国民。
感謝すべきかもしれない(しなくていいけど)。

マスコミは一所懸命折口氏あるいはグッドウィルが、あくどいやり方で
利益を上げていたというイメージを与えようとしています。
でも公開されている情報を見る限り事実は違う。

やらなきゃいけないことはそんなことではない。
それほどあくどいにもかかわらず赤字だったんですよ。
そんな介護業界って何なんですか?
一体私達はどうなるんですか?
抜本的に何かを変えなければいけないのではないですか?

そういうことを報道して欲しい。(って、なにも期待していないですが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それをイジメという

確かにひどい。いい加減だ。怒ってしかるべきだ。
しかし、最近は少々ひどくないか?

コールセンターなんか使って(誠意が無い)というニュアンス。
使わなければ逆におかしいですよ。
何十万という電話を受けるインフラをこのために自前で揃えるのですか?
社会保険庁職員で対応ができたとしたら、普段がよほど暇なはず。
そっちの方が問題だ。

最初のうちはコールセンターの人が的確に対応できないのは当たり前。
そういう教育には時間がかかるのです。

自業自得なんだから当然だ。
ほうっ、それなら馬鹿は騙されて当然ですか。

反論できない状況に追い込んで袋だたきにする。
何とかなりませんかね、この風潮。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

戒厳令を布告せよ

温暖化ガス半減は2050年目標だそうで、
私は、その頃は生きているかどうか判りませんね。
一気に緊張感が薄れています。

ニュースステーションの古館アナは温暖化問題大好きで、
天気不順は何かにつけて「温暖化の影響でしょうか....」という
締めの言葉で思考停止してます。

「温暖化防止のためには、放送局として放送時間短縮も
検討すべき」くらい言うならまだしも。

戒厳令とか夜間外出禁止でも出せばよいのではないですか。
例えば、年2週間くらい基本インフラ保持以外の経済活動は禁止するとか。
もちろん自家用車の運転や、電車・バス・タクシー類もすべて禁止。
店は全部休み。

2週間連続はキツイですが、5日くらいを3回なら何とかなりますよ。
昔は年末年始って、そういう時間でしたよね。

「明日から温暖化対策戒厳令だから、今日中に買い物済ませなきゃ」
とか
「明日から温暖化対策戒厳令なので、納期は3週間後です」
とか。

もちろん暴論であることは判っていますよ。

でもね、レジ袋対策とかやっても効果薄いんですよね。
会社というのは、
「売上げが下がって仕方ないですね」
とはならない。

下がった分他のもので取り返しますよ。他の製品で。

いかに効率的に一律に経済活動を停止するか。

そもそも温暖化問題は存在しないという説もあるので、
対策自体無意味という意見もあるのですが....

| | コメント (2) | トラックバック (0)

適材適所

昨日スーツを新調しました。
私は特殊な体型のため、既製サイズのスーツでは着ることができません。
いわゆるイージーオーダーで作ります。

イージーオーダー売り場の店員さんは、年輩の方が多いようです。
昨日も定年はとうの昔に過ぎたであろう方(お二人)。

不思議なもので、イージーオーダーの場合は、
初老以上の店員さんの方が、何やら安心な雰囲気です。
若手のおニイちゃんではいけません。

私の体型は、背が高く肩幅もそこそこあるのに
ウエストが細いというものです。
寸法通りに作ると服になりません。

昨日のお二人も、あーでもないこーでもないとさんざん議論の上、
(特殊な体型に対応させる手法が違うようで)
最終的に対策をまとめていました。

レストランのウェイターさんも年輩の男性の方が落ち着きます。

店員さんはバイトということが多いですけど、
適材適所を考えて頂けると嬉しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »