« アコードと比較 | トップページ | マツダ ロードスター »

集大成

最近私の所有する2000年式エグザンティアは、
20世紀 第二世代シトロエンの集大成と気が付きました。

第一世代はDS~CXです。(基本的にハイドロで)
(それ以前が本当のシトロエンだろう
という突っ込みは置いておいて(笑)知らないので。)

第二世代はBX、XM、Xantia。
第三世代はCが付くシリーズです。

こういうのは歴史を振り返るとわかるものなんですね。
買った時には判らなかった。
もうC5は発表されていて、デザインテイストが変わることは
判っていました。でも世代の変わり目とは判らなかった。

目立たないエンジン、とりあえずこんなもんだろ的AT、
地味な内装、固くはなったけど居心地の良いシート、
というカタログ的にはさえないスペックに、
既に万能ではないハイドロ+あのデザインとパッケージで
勝負できた最後のモデル。

GSを捨ててBXを、CXを捨ててXMを出した時のコンセプトが
もう通用しなくなる限界点。
それが私の2000年式エグザンティアだったんだな。
そう思うと感慨深いものがあります。

もうすぐ車検です。
だんだん整備費用がかさむようになってきました。
9年目くらいは悩むのでしょうね....


|

« アコードと比較 | トップページ | マツダ ロードスター »

「思うところ」カテゴリの記事

「車」カテゴリの記事

コメント

Xantia、Xsara、Saxoの時代は、特にエクステリアデザインにおいて個性をころされていた時代ですが、その中ではXantiaは一見地味に見えて良く見ると凄いデザインだと思います。実用的な空力にも優れていて、今迄で一番フロントからウインドゥにかけて虫がつかない車だと思います。(S田所有車比)

時代によってシトロエン社のデザイン・テイストは移り変わっていて、好みが別れるところだと思いますが、特に足回りはシトロエンの考える理想をその時の技術で追い求めていたのだと思います。

良いクルマですので、9年と言わず永く付き合ってあげてください。(笑)

投稿: S田@遠すー | 2007/07/23 22:48

s田さん、こんばんは。

> 凄いデザインだと思います

私もそう思います。
ハッチバックなのにセダンのよう。
寸詰まりなのにそれが個性になっています。

> 9年と言わず

複雑な心境です。
一生のうちに乗ることができるクルマは限られていますし、
今乗ることができるクルマも限られていますからねぇ。

投稿: savoy | 2007/07/25 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91042/15772477

この記事へのトラックバック一覧です: 集大成:

« アコードと比較 | トップページ | マツダ ロードスター »