« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

似て非なる

先日NHKスペシャルでワーキングプアの番組を見ました。

その後(両方とも録画してあったので放送日時とは無関係)
銭形金太郎を見ました。

銭形金太郎を見ながら妻がぽろっと

「この人たちワーキングプアだよね」

確かに銭形で取材されていた人は
ワーキングプアに分類されるでしょう。
かたや悲惨な、一方はひたすら明るく。
単なる演出の違いなのでしょうか?

私もこれまでワーキングプアを"働いても貧しい"
と単純に理解していたのですが、
どうもそれほど単純ではなさそうです。

人生を楽しんでいるかに深く関わっているようです。
まだこれ以上深く掘り下げることができないでいるのですが....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

説明責任

薬害C型肝炎訴訟の和解決裂ですが、
マスコミの報道は相変わらずですな。

客観的を装いながらその実原告側の肩を持つ報道です。

私が望むのは、線引きをした判決のどこに
瑕疵があるかの説明です。
編集されているのかもしれませんが、
出演している原告も解説者もそこを説明しません。

ざっと支援者のサイトを見ると、
ずさんな承認に問題があるとあります。
これを一方的に信じることはできません。
私としては判決を信じたほうが妥当です。

救済されない人がかわいそう。

確かにかわいそうですが、支払根拠のない人に
税金を使われることは望みません。

薬害肝炎訴訟 全国弁護団ホームページを見てみました。
申し訳ありませんが解りにくい。
根拠はここですかね?
なぜ、薬害被害の切り捨てが許されないのか?

原告団は170人、製剤による感染者は28万人、
C型肝炎感染者は250万人。
究極的にはこの250万人を救うためには、
170人の線引きを許してはならない。

うーん、よくわからないぞ。
論理が飛躍している。
どうして線引きをしなければ250万人が救済されるのでしょう? 
原告団の言う全員とはこの250万人なのか?

沖縄教科書問題といい、雰囲気で物事を動かそうとする
悪習が蔓延しているように思います。

残念ながら納得いく説明がされない以上、
原告側の主張に賛成できません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

冬装備

先日タイヤをスタッドレスに替えました。

スタッドレスはゴムが柔らかいので乗り心地が良い、
とよく聞きますが、私のXanでは悪くなります。
(以前も書きましたが)

どう言ったらよいのでしょうか....
ハイドロサスを押す前にタイヤ部分だけで
受け止める感じです。
妙に突っ張った乗り心地になります。
私は空気圧を高めにセットするので
強調されているかもしれません。
4か月の我慢です。

ところでタイヤ交換時にフロントサスマウントのチェックです。
左はOK。ひびなし。
右は....うーん、ひび割れが見えますねぇ。
今すぐどうのこうのはなさそうですが、
定期点検では替えたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デュアリス

に試乗しました。
実際は、Kangoo試乗前です。

F車のような日本車ということでしたので
少々期待して乗りました。

が、....うーん。

そもそも私が知るF車とはXantiaであって、
F車の一般的傾向なぞ知りません。

残念ながら、私が乗った限りどう考えても日本車でした。

まず欠点が無いです。

乗り心地が良いと言われてますが、タイヤに頼ってない?
CVTは好きになれん。
シート生地がすわり心地をスポイル...

などとほざいてみても所詮個人的 or 超マイナーなポイントです。

一方、200万少々でフルタイム4駆、パワーそこそこ、
サイズちょうどいい、サンルーフからカーナビから
至れり尽くせりです。
こういう隙の無さはいかにも日本車を感じます。

ただ飛びぬけて長じたところも無いのですよねぇ。
そこもまた日本車と感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事

最近思うのですが、自分ができる仕事を
黙々とこなすのでは駄目なんですね。

自分だけができる仕事をこなすのは良いのです。

自分ができる仕事と自分だけができる仕事、
そこには天と地ほどの差がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »