« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

小型車

夏休みで北海道に行ってきました。
それは気が向いたら書くとして、
このエントリーはレンタカーで借りたデミオの感想です。

こうガソリンが高くなると次は国産小型車かな?
なんて思いつつです。

新型を借りるつもりでマツダレンタカーを選んだのですが、
用意されていたのは旧型! 指定しておけばよかった。

気を取り直して運転すると、結構滑らかではないですか。
バックがやり易いのは日本車の美点。
一方椅子がだめなのもこのクラスの日本車共通です。
ブレーキのあそびが大きいのは整備の問題でしょう。

CVTなのかな、変速ショックはAL4より断然小さい。
止まってもハンドルに震動が伝わってこない。

でもいいじゃないと思ったのはここまで。

60kmまでは上記印象なのですが、
これを超えると途端に印象が変わってくる。
路面のうねりや凹凸を乗り越える時、
直進性、コーナーでの動き。

中速コーナーのうねりを乗り越えるなんて、
Xanなら最高に楽しいシーンが苦痛です。

何がダメというより余裕を感じない。
マニュアル通りの接客はそつなくこなすのに、
ちょっと規格外の客が来ると途端に取り乱すみたいな。

さらにハンドルの動きに対するゲインが敏感です。
私が乗る日本車(200万以下)で多く経験するのですが、
このデミオもそうでした。

これはコンビニの駐車場に乗り入れる時は
とても身軽に感じるですが、ドーンと走りたいときには
向かないセッティングです。
こいつもどうもふらふらするというか、
路面の状態が直進性に出やすい。
とても疲れます。

エグザンティアは、まっすぐ走るにしても曲がるにしても
一度決めておけばあとはクルマが走ってくれます。
うねりがあろうがわだちがあろうが、
とりあえず決めたとおりに走る。

ある意味ちょっと鈍なのだと思います。

国産小型車.....ありえないです。結論。
一応4日間700km弱走っての感想です。

オーナーの方、気を悪くしないでくださいね。
私の選定基準は、片道250kmを日帰りして
疲れない車なのです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

裏側の実態

窓落ちで修理中エグザンティアですが、
時間がかかりそうなのでトランクの荷物を取りに行きました。

クルマのところに案内されると、
ドア内張りを外された状態で置いてありました。

「ふーん、こんなふうになってるんだ」

とよく見るとこんな状態に。

Sa3d0003




言葉で説明するのは少々難しいのですが、
これは裏側から見た状態です。
奥の飛び出た部分はドアノブで、内張りとは別パーツです。
このドアノブが内張りとネジで一体化する構造のようです。

で本当は、そのネジの通るところが赤で補完された部分ですが、
プラスティックが劣化して崩壊してしまっています。

これが崩壊したプラスティック。
触るだけでボロボロ崩れます。

Sa3d0001_2



外見はそこそこきれいに乗っているのですが、
裏側では劣化が進んでいるようです。

修理工場によれば、スぺーサーをかませて
実用上は問題なく仕上げますとのこと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その後

窓落ちのXantiaですがまだ帰ってきません。
パーツ欠品中とのこと。
数ヶ月待ったりして...
それは困るなぁ。
このトラブルは、だましだましというわけにはいきませんからね。

携帯は予告通りW63SAを買いました。
驚いたのは起動が遅いこと。
今の使い方って24時間電源オンなんですかね?
電源を切るのは、電池切れのときくらいなのでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

携帯電話壊れました

携帯電話が壊れました。
電源が入らなくなりました。

1年ほど前、夏の車内に放置した時同じ症状になりました。
その時は冷えたら復活しました。

今回は特にそのようなことはなく、
単に充電器に置いておいたら
翌日は使えなくなっていました。
電池が結構熱くなっていましたね。

1日放置したのですが変わらず。
電池を外しても変わらず。
さらに1日放置したところ電源が入りました。
今は動作しています。

こういうのは困ります。

壊れると新しいのが買えてうれしいというモノもあるのですが、
携帯には萌えない私はぜんぜん嬉しくありません。

しかも販売制度が変わったので分割とはいえ5万円以上も
支払わなければなりません。ハァ~ばからしい。

以前書きましたが海外で使いたい私は、
Global Passport対応機種である必要があり、
選ぶ楽しみもありません。
今はドコモの方が多く海外対応しているのですが、
キャリアを変えるのも面倒です。
継続割引も捨てなくてはならないし。

auのW63SAにするつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダビング10 vs コピーネバー

個人的にはどちらでも結構ですが、"コピーネバー" やれるなら
やってみてはいかがですかと申し上げたい。

元ネタはこちらの記事
「経緯は知らぬ」「言い逃れだ」・コピー補償金問題、10日再開の審議は大荒れ


この問題でいま一つ不満なのは
創作者の意見の表明がされないところです。
コピーワンスからダビング10になって
創作意欲は著しく減退したのでしょうか?
コピーネバーになると創作意欲が増して、
すばらしい作品が連発されるのでしょうか?

コストと消費は反比例の関係にあります。
それはこの原油高を見てもわかること。
著作物に対する可処分所得は変わりませんから、
著作物のコストを上げれば
ロングテールが切り捨てられるだけのこと。
あるいは他の消費物に移るのでしょう。

コピーネバー、やってみればよろしい。
手痛いしっぺ返しをくらうのはそちらだと思いますよ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

落ちました

何がって? 窓ですよ。

数ヶ月前から「ギリッ」ぽい音が混じるようになっていたので、
うーん、そうかなぁ? と思っていたら来ました。

梅雨時期にもかかわらず雨が降っていなかったのが幸いです。
このパーツ高いんですよ。5万くらいします。

ついでに12か月点検も実施することにしました。
他にも要整備個所がいくつかあるので、
ヘビーな費用がかかりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

全員集合

今年名古屋から転勤してきた同僚が、

「名古屋には名古屋独特の交通法規がある。
それは、どの車線でも直進できること
右折レーンでも直進できる」

と言いました。

それを聞いた大阪出身の同僚が、

「大阪は合流で入れないないなぁ」

私は私で、

「農村地帯で、横道から(東京では)ありえない
タイミングで出てくる軽トラ」


東京って、いろんな地域の人が住んでいますね。
ということは、東京でもその地域の標準的な
走り方をしている可能性があるわけですね。

右折レーンを直進する車や、
合流でガンと入れないクルマを見て

「...ったくうぅ」

と思ったものですが、これからはもっと寛大な気持で接しよう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

変わるべきは我なり

asn?さんからいただいたコメントのご返事が長くなりそうなので、
新たにエントリーしました。

>多数決ってのは責任をとらない為

これは言葉のあやと言いますか...
例えば京都や埼玉のコンビニ24時間営業を禁止する条例、
こういうのは同意できないです。
人々に選ばれないことにより自然に消えていくみたいな、
そうなるといいなと思います。
(もちろんそれで困る人はたくさんいると思います。)

私は今の生活を維持するための
直接的対策には賛成できません。
減税しろとか。補助金出せとか。

理由はどうあれ資源高=インフレ
というかたちで環境が変わったわけです。
これはお金の価値が下がる
=我々の給与の価値が下がる
=我々の仕事の価値が下がっているわけです。
生活レベルを下げざるを得ませんよね。
環境が変わったのに自分たちが変わらないでいいはずはない。

例えば昭和30年代と比較すれば
物価はずいぶん上がっています。
でもそれに対する批判は少ない。
なぜなら給与も上がっているから。
しかしそれは日本人の仕事の価値が
上がっていたということ。
要するに経済成長していたわけです。

今や日本は世界の経済成長に
ついていけなくなったのですから、
我慢すべきは日本国民なんですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »