« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

共有

本日の朝刊にJASRACが全面広告を出していました。

その中の一文
「著作権が流通の促進を制限しているという
間違った考え方がありますが、先人の文化遺産を
無料で利用しようとする考えは文化の衰弱につながる」

私はこれには異論があります。
1)著作権が流通の促進を制限しているのは事実です。
またそれは考え方の問題ではありません。
2)先人の文化遺産~ このことを事実をもって証明してほしい。
証明できていないことを事実であるかのように主張することは、
科学的とは言えない。JASRACは、保護期間を70年にすべきと
主張しています。その証明は50年から70年にすることで
文化の衰退がなくなるというものでなければならない。

著作権は他の権利あるいはアイデアと比較して
長期間その権利が保証されています。

どんな素晴らしい発明でも特許は20年しか保護されない。
それはなぜか?
そのような素晴らしい発明の独占を長期間許せば、
それは社会にとってマイナスだからです。
「元を取ったら共有しなよ」
それが社会の精神なのです。

そのような権利の確保ができなかった
ビジネスアイデアはいくらでもあります。
例えば発泡酒、たとえばメルセデスが始めた
サイドミラー先のウインカー....

著作権はなぜ有利な独占権を与えられているのか?
その精神は著作権法に書いてあります。
著作権者や著作隣接権者の利益確保のためではない。
一家の子孫繁栄のために著作権保護期間を延長すべきと
主張している方もいますが、とんでもないことです。
デジタルで高品質コピーが可能だから金を払うべきだ、
などと主張できる根拠などどこにもないのです。

念のために申し上げておきますが、私はP2Pでコピーを
配布することやマジコンを許容すべきと主張してません。
自分が買ったCDをiPodで聞くことに対してなぜ
追加料金が必要なのか?
なぜ保護期間を50年から70年に
さらに20年も延長する必要があるのか?
(20年ですよ!)

今やJASRACの主張は、
社会の共有の精神に反していると
言わざるを得ません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Window Shopping

クルマ販売は大変な状況らしいですが、
買うとしたら最高の環境ですね。

カーセンサーで検索すると、

プジョー207GTi 定価322万円
→258万円(走行20km 08年12月登録)

アルファ147 2.0TS Sele 定価314万
→267万円(走行20km 09年1月登録)

ゴルフGTI 定価359万円
→295万円(走行50km 08年12月登録)

09年登録で全メーカーを検索すると912台もあります。
それでもドイツプレミアム御三家は頑張ってますね。
実際はやっているのでしょうが、カーセンサーには
登録だけみたいなものは出してこないですね。
でも試乗車上がりなら山ほどあります。

確か昨年の今頃もこんな買いたい病だった記憶があります。
どうしようかなぁ....

訂正です。
アウディはTTクーペの新古車がたくさんありますね。
要は売れないモデルには新古車があると。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ワープ

先日勤務先で「パンデミック時の行動計画」
なるものがリリースされました。
二流会社だからパンデミックになってから
慌てふためくのだろうと思っていたので、
ちょっと驚きました。

ところで思うのですが、パンデミックになった時、
日付をワープしてしまえばいいと思うのですよね。
例えば1月1日にパンデミックになったとしたら、
2か月くらい無かったことにする。

1月1日の次の日が3月1日としてすべてを処理する。

その間の2ヶ月間は、カードの支払いもないし、
売掛金も払わなくていい。もちろん給料も払われない。
人々はその2か月の間、家に籠って独力で
食いつなぐことだけが求められる。

パンデミックですからね、平時と同じ食事なんかありえない。
米とビタミン剤でたぶん大丈夫でしょう。

もちろん基本的インフラ -水、電気、ガス、通信、警察、病院
は提供される。それを維持するだけのワクチンや抗ウイルス剤を
用意すればいいから対策の立てようもあると思うのですよね。

ホームレスやインターネットカフェで寝泊まりしている人の
対策も必要と思いますが、それだって対策できる。
限定的ですからね。

けっこういいと思うんだけどなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

三連チャン

今日は妻が用事で実家に行くというので、
夕方まで自由に使えることになりました。

で、試乗三連チャンです。

最初はルノーへ。
トゥインゴGTが入ったというので見に行ったのですが、
展示車のみ。試乗車はありませんでした。

GTはグラスルーフなので車内高が低い、
これはマイナス。
シートは高さ調整可能、これはプラス。
個人的には普通のルーフでリリースして欲しいです。

仕方がないのでクイックシフトに再度試乗しました。
やはり遅い、というか重いです。
エグザンティアに乗ったら軽く感じましたから。
(エグは決して軽い感じのクルマではありません)

で、第二弾はスマート。
mhbに乗りたかったのですが、
試乗車はmhb無しの旧型でした。

走り出すと軽やかです。
トゥインゴより走る走る。
車重というよりエンジンの感じが違います。
けど感触は軽自動車のエンジン。(笑)

もっと玩具と思っていましたが、
意外にちゃんとしています。
乗り心地も許せる範囲。

しかし、トゥインゴ・スマートと乗って感じたのは
周囲のクルマの当たりの強さ。
普通に走っているのに煽り、抜かしガンガン来ますね。
まあ、試乗車なので不慣れな感じを
振りまいていたかもしれませんが。
しかし、これはこれで疲れますね。

最後の第三弾はInsight。

スタイルは結構好きです。
内装は....安っぽいですね。
後席は車内高が低い。
私は座れませんでした。

走りはいたって普通です。
試乗では不満なし。
ちなみに18km/Lでした。

今日は2月としては異例の気温20度超え。
トゥインゴもスマートもマイルドなエアコンの効きでしたが、
Insightはちゃんと効きます。

乗り心地は、トゥインゴもスマートも別に良くありません。
ただ路面状況にかかわらず正規分布している感じ。
Insightは、路面が悪くなると途端にガタガタ来るのですが、
たいていは許容範囲。ただそのギャップが....

安っぽいけどウレタンを感じるトゥインゴのシート、
固いけどしっかり感のあるスマートのシート、
別に悪くないけど、コメントのできないInsightのシート。

良くも悪くもはっきりしているトゥインゴ・スマートに対して、
とりあえず微笑んでいるInsightという感じでしょうか。

この3台でどれを選ぶと言われれば、
Insightになりますかな。

2/15追記
>Insightになりますかな
じゃつまらないですね。

実用シーンを考えずただ欲しい
スマート>インサイト>トゥインゴ
クイックシフト版は、私はパスしておきます

実用も考えつつ趣味にも走りたい
トゥインゴGTに期待>インサイト>スマート

エアコンの効き
インサイト>スマート>トゥインゴ
トゥインゴは真夏が不安だ

安っぽさ
スマート>インサイト>トゥインゴ
(じっさい安いし)

静粛性
インサイト>トゥインゴ>スマート

シート
トゥインゴ>スマート>インサイト

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ご無沙汰ね(怒)!

先日CDを買いました。
その店のポイントカードを出すと、

「期限が過ぎているから取り替えますね」

出す前にカードは確かめていました。
2007年の日付でした。
その店のポイント有効期限は2年間だったので
そのまま出したのですが.....

と思いながら新しいカードを受け取ると
買ったその日の日付がカードに印刷されていました。

ってことは2008年はその店では買っていないということ。
私はCDはだいたいその店で買うので、
ということは2008年はCDを買っていないということ。

うーん、確かに私はヘビーバイヤーではないけれど、
それなりに音楽は好きです。
新曲追加もずいぶんしましたけど、
iTunes経由だったみたいです。

CDの売り上げは落ちているそうですけど、
本当なんですね。実感しました。

ちなみに買ったCDは、

HY/HeartY
Hearty



Dido/Safe Trip Home
Dido_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪を信じる

オレオレ詐欺になんで引っかかるのかな?
なんて事を考えていてふと思いついたのですが。

普通の人は「良いハナシ」は疑いますけど、
「悪いハナシ」は疑いませんよね。

たとえ知人でも「10万円を上げる」と言われたら
まず警戒しますね。
でも知人から「10万円落とした」と言われても警戒しない。

「良いハナシ」には何か裏があると疑うけれど、
「悪いハナシ」には普通は裏なんて無い。

そういうことなんでしょうね。

私には子供はいないけれど、もし「テストで0点取っちゃった。
でも次は頑張るから、問題集買うお金が欲しい」
と言われたら何の疑いもなく渡すだろうな。
で、ゲームセンターで使ってたりしてね。

逆に「肩叩いてあげる」なんて言われたら、
ムム?何か買って欲しいのか?
絶対疑うな。

オレオレ詐欺は、悪いハナシをわざわざ言う
メリットは普通はない、という盲点を突いた技なんですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »