« Window Shopping | トップページ | アウトドア »

共有

本日の朝刊にJASRACが全面広告を出していました。

その中の一文
「著作権が流通の促進を制限しているという
間違った考え方がありますが、先人の文化遺産を
無料で利用しようとする考えは文化の衰弱につながる」

私はこれには異論があります。
1)著作権が流通の促進を制限しているのは事実です。
またそれは考え方の問題ではありません。
2)先人の文化遺産~ このことを事実をもって証明してほしい。
証明できていないことを事実であるかのように主張することは、
科学的とは言えない。JASRACは、保護期間を70年にすべきと
主張しています。その証明は50年から70年にすることで
文化の衰退がなくなるというものでなければならない。

著作権は他の権利あるいはアイデアと比較して
長期間その権利が保証されています。

どんな素晴らしい発明でも特許は20年しか保護されない。
それはなぜか?
そのような素晴らしい発明の独占を長期間許せば、
それは社会にとってマイナスだからです。
「元を取ったら共有しなよ」
それが社会の精神なのです。

そのような権利の確保ができなかった
ビジネスアイデアはいくらでもあります。
例えば発泡酒、たとえばメルセデスが始めた
サイドミラー先のウインカー....

著作権はなぜ有利な独占権を与えられているのか?
その精神は著作権法に書いてあります。
著作権者や著作隣接権者の利益確保のためではない。
一家の子孫繁栄のために著作権保護期間を延長すべきと
主張している方もいますが、とんでもないことです。
デジタルで高品質コピーが可能だから金を払うべきだ、
などと主張できる根拠などどこにもないのです。

念のために申し上げておきますが、私はP2Pでコピーを
配布することやマジコンを許容すべきと主張してません。
自分が買ったCDをiPodで聞くことに対してなぜ
追加料金が必要なのか?
なぜ保護期間を50年から70年に
さらに20年も延長する必要があるのか?
(20年ですよ!)

今やJASRACの主張は、
社会の共有の精神に反していると
言わざるを得ません。

|

« Window Shopping | トップページ | アウトドア »

「思うところ」カテゴリの記事

コメント

savoyさん、こんばんは。

そうですね。

仰ること、よく分かります。

とにかく、著作権やJASRACのことが、
もっともっと、バンバン報道されて、
いろんな所で議論されることを望みます。

私たちにとってもアンタッチャブルな領域でしたから。

投稿: sanyo | 2009/03/01 05:37

sanyoさん、

コメントしづらい立場にもかかわらずありがとうございます。

公正取引委員から排除命令が出ました。
米国ではGoogleが書籍検索サービスについて出版業界と和解しました。

著作権物のデジタル化というのは避けられない大きなうねりなわけで、それを根元から見据えて仕組みを変えていかないと、結局破壊的な変革を迫られてしまうと思います。

投稿: savoy | 2009/03/01 07:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91042/44196271

この記事へのトラックバック一覧です: 共有:

« Window Shopping | トップページ | アウトドア »