« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

デジタルフォトフレーム

デジタル一眼を買ってもう3年になりますが、
何が変わったって、もうとにかく撮りまくることです。

数時間で100枚くらい平気でいきます。
といって数打ちゃ当たるの世界ですが。

とはいうもののプリントしていると馬鹿になりません。
お金ではなく整理が大変です。
かと言ってデータのまま、HDDの肥やしでは
まったく面白くありません。

ということでデジタルフォトフレームを買いました。
ソニーのDPF-D72という普及モデルを選びました。

すこし前までは画質が今一つでしたが、
今や十分きれいです。
Xシリーズという上位モデルも検討したのですが、
Dシリーズで十分です。

12インチモデルが出たら
壁掛け用にもう一つ買うことにします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

フィクション

景気対策もあってクルマ買い替えの追い風が強いですが、
一方乗り続けるほうがエコだ!という意見もあります。

さて、もしも平均自動車使用期間が
二倍に延びたらどうなってしまうでしょうか?

平均自動車使用期間とは、自動車が新車で
購入されてから廃車されるまでの期間です。
平成20年のデータでは、11.67年になっています。
この二倍ですから、平均して約23年として考えます。
海外市場への中古車輸出は考慮しないとします。

<<メーカー>>
単純に生産台数が半分になるわけですから、
産業としては相当縮小します。
生産台数が少ない車種がなくなって、
ラインアップは相当すっきりしそうです。
また下位メーカーは存在できないでしょう。

カローラ、フィット、クラウン、ティーダ、
それからワンボックス勢が残りそうです。

メーカーはどうでしょうかね?
トヨタは残るとして、日産とホンダは両方残れるでしょうか?
スズキとダイハツが両方残れるかもわからないですね。
スバルと三菱は駄目ですね。

<<クルマ>>
寿命が23年ですから今よりはしっかりとした造りになりそうです。
その点でコストが上がりますし、販売台数が減りますから、
今よりずいぶん高額になるのではないでしょうか?
何の根拠もないですが、倍以上になると思います。

<<技術>>
どちらかというと重工業技術みたいになりそうです。
産業として縮小していますし、買い替えサイクルが
長期化していますから、本質的な技術変革は
起こりにくいように思います。
小手先の、コストのかからない差別化が増えそうです。

<<ユーザー>>
もちろんすべてのユーザーが新車で買って
23年間乗り続けるわけではありません。
新車から新車に乗り換える人、中古から中古に
乗り換える人、いろいろいるでしょうが、
今の使用期間がざっくり倍になります。

車両価格が高くなることから、冒険をする人は減るでしょう。
スポーツカーは、本当にお金に余裕がある人だけ。
そもそも量産のスポーツカーなんて販売されないでしょう。
スポーツカーは全部フェラーリみたいな感じ。

軽自動車が1台目に選択されるケースも減りそうです。
ずっと軽で大丈夫という見込みが明らかじゃないと。

その意味ではワンボックス全盛になるかもしれません。
今は夫婦二人だけど、将来子供が生まれることを
見越して4LDKを買うみたいな。

さすがに新車から23年間同じクルマに
乗り続ける人は少ないでしょうから、
とにかくリセールが高いクルマに人気が出るのでしょうね。

こうして考えると、結構つまらない世界になりそうに感じます。
クルマ自体は高品質なんでしょうが、
ひたすらコンサバティブで選択の余地が少なそうです。

エコであることは確かでしょうけど。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

ダイニングチェア

ダイニングチェアを買いました。
いろいろ迷った末に選んだのは、宮崎椅子製作所sansaです。
デザイナーは小泉誠という方です。

樹種はブラックチェリーで、ファブリックは
カレイド1404というカラシ色にしました。

実物を試すことができなかったのですが、
三芳家具
というお店に宮崎椅子製作所の
製品が展示されていたので、こちらを訪問して決めました。

インターネットなので詳しく書くことは控えますが、
お近くの方なら直接購入するより三芳家具さんから
購入したほうが何かとお得じゃないかな?

たまたま製造予定があるとのことで、納期は1カ月ほどでした。

もうひとつ、寝室のサイドテーブルを探していたのですが、
同じデザイナーの方の作品 ORI Stoolにしました。

これはその名の通りスツールなのですが、
座面が平面なのでサイドテーブルにも使えます。

色は写真にあるパープルハートにしました。
納期は2カ月ほどかかるとのこと。

待ち遠しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

増殖中

通勤中にマスクをしている人が増えてきましたね。

今日の帰りの電車の中、マスクをしていましたが、
激しく咳をする女性が。

周りからスーッと人がいなくなりましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

違い

先日両親と出かけました。
クルマを入れ替えるのもの面倒なので、
そのまま両親のトヨタプレミオで行きました。

運転を始めて30分で後悔しました。
腰が疲れる....
尻が落ち着かない....

帰ってからXanに乗り換えて比べてみました。

1.シートバックが腰に密着しない
Xanは腰の部分が密着していますが、
プレミオはそこが若干開いています。
シートバックの上部で支えています。
深く腰掛けても支えないんですよね。
Xanのシートは支えるべくパッドが入ってます。

2.座面が柔らかすぎ
どちらが柔らかいかといえばプレミオです。
ただ沈んでそのままなんですね。
沈んだところが支えるところ。

これが疲れます。
20年前のJR特急のシートという感じ。

こうして見るとXanのシートは固いです。
柔らかく感じるのは感触であって、
その感触の下は固いというか.....
弾力性の高い物質で支えている感じです。

まさしくXanは感触が柔らかいのですね。
シートは実は固い。
この点はBXやCXとは明らかに違います。

3.CVT
プレミオはCVTです。
燃費重視で巡航中は1000回転に張り付いています。
発進時も気をつければ2000回転以下をキープできます。

この制御のせいだと思うのですが、じわっとアクセルを踏むと
最初はエンジンが吹けず、途中からワッと吹けます。
ヴィッツとかも同じですね。
負荷を検知してCVTなのかアクセル開度なのか、
制御を非線形に変えているようです。

これが運転しずらい。
リニアにアクセルを動かしているのに、
エンジンはリニアに動いてくれない。

父親に聞くと街中8km/Lとのこと。
Xanとまったく変わりません。

ちなみにXanは不評のAL4。
街中は1500回転から3000回転です。
これで8.5km/Lはいきますね。

実は回転数は燃費にそれほど影響しないのでしょうか?

コストの問題はあるんだろうけど、
どうしてもっと使い易いクルマを
開発しないのでしょうか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

スリム

デニム地のボトムが欲しくなったのでユニクロに行きました。
ざっと見てスリムなやつを選んで試着室へ。

ん? これ細いな....
えっマジ?

ウエストではなくいわゆる筒の部分が入りません。
腿の部分で行き止まりです。
ふくらはぎは、ワコールのサポートギア CW-Xを
着た時のように圧迫されています。

棚に返す時に見るとスキニーフィットタイプでした。
いやー、これをはける人はすごい。

念のため、私は太っていません。
BMIは18です

結局スリムタイプを買いました。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

傾向

来年の新規採用希望者の面接をしました。
不思議と年によって傾向があります。
今年の傾向はのんびり能天気。
どこも採用を控えているのにそれで大丈夫か?

・大学で一所懸命やったことは?
「バイトですっ」って言うな!
ゼミです、勉強ですと答えた人が一人もいませんでした。

・「お客様に貢献したい」
これもみなさん判で押したように....
就職本とかに書いてあるんですかね?

・応募する会社のホームページくらい
見てから面接を受けるように。
理解しろとは言わないけど、
見ていないのが明らかではねぇ。

・理系で大学院まで行って営業志望。
これも面接の3割近くがそうでした。
研究テーマは立派なこと書いてあるのに、
全然関係ない職種の「営業」志望と言われても....

・「僕」と言うのはやめろ

まっ、皆さん本命ではないのかもしれないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »