« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

予選

候補の5車種から3車種に絞ります。
ルノーの2車種が落選です。

《トゥインゴ》
要件から外れたクルマなのですが、
好きな乗り味のクルマです。
ならなぜ?....
以前書いたとおり室内高が私には低いのです。

クイックシフト版ならサンルーフが無いので
Xan並みの室内高なのですが、
GTはサンルーフのために余裕がありません。
私はアップライトな姿勢が好きなのでなおさらです。
今回もう一度試したのですが、やはりだめでした。
前を見ると視界の上半分が天井です。

《カングー》
このクルマの場合頭がつかえることはありません。
いいクルマですね。
ただトラックを買う理由が無い。
積むものが無いのにこのクルマを選ぶのは....
キャンプにしばしば行っていたころならよかったんだろうな。
どんがら背負って走るのは結構気になります。

ieさんのBlogを見ているとルノーに乗りたくなります。
大変残念なんですが、
ルーテシアには今一つそそられないし、
メガーヌもなぁ...
(乗っている方には申し訳ありません。
単なる感情なんです。)

ということで、A3、Golf、インサイトの中から選びます。

ところで、書類選考で落ちたのは次の通り。

Fiat500:まったく似合わない(妻)
アルファ系各種:内装暑苦しい(妻)
グランデプント:椅子がよくない(私)
ジムニー:あなた絶対飽きる(妻)
アクセラ:欲しい仕様にすると全然安くない(私)
マイクラC+C:マーチで250万....(妻)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

羊頭狗肉

久々に書評です。

まずは、なぜGMは転落したのか
今ならではの本と思い読んだのですが、
中身はなんと米国の年金制度についての本。

GM、NY市、サンディエゴ市を例に、
米国の年金制度の問題点を解説してる本でした。

読後思ったことは、日本も全く同じだということ。
書名は羊頭狗肉ですが、客観的な目で
日本の年金も見ることができる本だと思います。

そもそも動物は自分で自分の食料を得ることが
できなくなった時点で死なんですよね。
人間はたまたま社会的動物なのでカバーができる。

とは言っても極端な例ですが、100人のうち
1人しか食物を集めることができない集団は、
やはり残り99人を維持できないでしょう。

年金制度があるから老後は悠々自適、などというのは
別に権利として与えられたものでも何でもなく、
年金制度を維持できない構成の社会では、
誰が何を保証しようと、それは維持できないということです。

自分の食いぶちは自分で探すしかないということですね。

早く破綻を認めた方が将来の被害者が減るのですが、
そんな勇気は政府にはないでしょうね。

もう一冊はコークの味は国ごとに違うべきか

これも書名に引かれて読んだのですが、
国ごとに違ったマーケティングを
展開すべきという論が展開されています。
(本当はちょっと違いますが)
こんなこと日本人には当たり前じゃん!
読む前に気が付くべきでした。

世界=米国 と思っている米国人は、
目を見開かされるかもしれませんが、
それを押し付けられている我々には
別に普通のことでした。

面白いことが書いてはあるのですが、
どうも大学のゼミのテキストのようで
読み物としてはつまらないんですよね。

先に日本人なら当たり前と書きましたが、
しかし日本人も同じ間違いをしていますけどね。
ホンダの世界戦略車=アコードとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

候補車

次車ですが、以下が候補です。

・Audi A3 1.4
・ルノー Kangoo
・ルノー Twingo
・VW Golf Comfortline
・ホンダ インサイト

シトロエンはありません。
やはりハイドロが選択理由ですし、
そうなるとC5・C6なのですが
大きすぎ高すぎなので。

プジョーは顔が好きではないのでパス。

プリウスは納車が来年なのでパス。

しかしこうしてみると乗りたい
日本車は本当に少ない。
この価格帯はミニバン帯なんですね。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

感覚

本日Xanを工場から引き取ってきました。
直しましたよ。最後まで面倒みるのです。
原因はメインアキュム~タンク間の
リターンホースの破断でした。

私:「これが破断するということは、
他のホース類も危ないですよね」

修:「そうですね。いつ逝ってもおかしくないです。
だから触らないようにしてますよ。」

破断すると全停止に至るパーツについての
会話とはとても思えないですね(笑)

別に怒っているとか呆れているとか、
そういうことではありません。

なんかいいなぁと思って。

いまどき直ぐ「責任!責任!」って言うじゃないですか。
客に対してそんな危険な状態で引き渡すのかっ!
って言いそうな人、多いじゃないですか。

自己責任だと思いますよ。
自分で判断するに必要な正しい情報を
提供してくれればそれで十分です。
子供じゃないんですから。

ちなみにLHMホース系を全交換すると
(やったことないからよくわからないけど)
部品代25万~30万+工賃かなぁ....とのこと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

要件

ヨメさんから振っていただいたネタです。

私の妻は運転しませんので最終決定権は私にあるのですが、
しかし選択にあたってはいくつかの要件があります。

1.新車であること
これは絶対条件です。
中古OKとなると、私は亡霊のような
クルマを選びかねませんから。
その防波堤でしょう。

2.2ドアは不可
バックやジャケットを後席に放り込む時便利。
2ドアは、ドアがでかくて重くてイヤ。

3.あまり大きくないクルマ
駐車場の乗り降りが面倒なのはイヤ

4.内装がボロイのはイヤ

5.MTはイヤ
私の下手なシフトチェンジでは車酔いするそうです。

6.日本車であれば加点要素
故障せずレギュラーガスOKでお財布にやさしい。

7.オープンカー不可
日に焼けるのでイヤ

8.近くで修理できること
高速乗って工場行くなんて、馬鹿げているそうです。

こう書くとまともですよね。
クルマをまさに道具として認識しています。

これをかいくぐって次車を見つけなければならないのです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

結果

翌日クルマの下に置いた缶を見ると
ほとんどオイルは溜まっていませんでした。
昨日見た秒1滴程度ならなんとかなると思いました。

「これなら自走で工場まで行けるかも」

エンジンを掛けてからもう一度見ればよかった....
駐車場を出て10mほどでSTOPランプ点灯。
ハンドルが重ステになりました。

「やっぱり駄目だ」

マンション敷地内で走行不能。
ものすごい勢いで漏れています。
あたりはLHMだらけです。
結局ローダーを呼びました。
LHMホースの破断だそうです。

結論としてXanは手放すことにしました。

ケチらずにそれなりにメンテしてきたつもりです。
それでこうなるなら、それはある意味寿命だろうと思います。

CXを買う?
無理だということが今回よく分かりました。
私にはシトロエンの旧車を買う資格はありません。

次車はまだ決めていません。

ところで、13日はゴルフに行く予定でした。
別の用事で行かなかったのです。
よかった....
計算するとちょうど首都高の真ん中で走行不能です。

「故障車渋滞10km」

有名になってしまうところでした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

その後

エアコンは、高圧側バルブから漏れているとのこと。
バルブを替えるとフロン全部入れ替えなので、
もっとひどくなるまでは充填しながら乗っててとのこと。

家に帰ってきて30分ほどして妻が、

「大変!エグから何か出てる!」

見るとLHMが漏れています。
あー、どこかで見た風景です。
ボンネット下のホースから
秒1滴のペースで漏れ出ています。

夕方から用事があるのでどうにもなりません。
下に缶を置いて放置です。

崩れるように壊れていきます。
ちょっとあきらめモードです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

つぶやき

新型インフルエンザ、少しずつですが増えている、
との報道ですが、しかし、例年この時期の
普通のインフルエンザの患者数はどうなのでしょうか?
それと比較して同じなら問題はないと思うのですが。

強毒性に変異するかも.....
それは可能性としてはありますが、
この新型だけ変異しやすいとする根拠はどこに?
従来型も変異する可能性はあるのであって、
であれば強毒性に変異するリスクは、
新型出現前と変わっていないはず。

○○の可能性もある.....
みなさんこれを最後に付けますね。
外れたときの免罪符みたいなものですね。
単なる免罪符なんだから、
リスクとしてカウントする必要はなし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

近況

ふとXanのフェンダーを見ると....
ボンネットとの切れ目のところの塗装が剥げています。
先日も屋根の雨溝のところが剥げていました。
ぶつけたわけではなく、元々塗装が薄いようです。

どちらも目立たないところなのでタッチペンで修復しました。

で、ついでにエンジンルームを点検すると....


ハイポンプからオイルが漏れています(泣)
ついに来ましたハイポンプ。

で、クルマに乗るとエアコンが効かなくなってるし。

ちょっとこれはいかんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

影響力

駐車場の私の右隣(Aとします)のクルマ。
悩みの種でした。

まっすぐ停めないんですよ。
こっちに寄っていたり、
対角線上に停めたり。

そのクルマ(A)の右隣のクルマが最近入れ替わりました。

そのクルマ(Bとします)が輪をかけて真中に停めない。
だいたい常に左側いっぱいに停めています。
つまり私の右隣のクルマ(A)は乗り降りが困難。

そうしたら右隣のクルマ(A)が
真中にまっすぐ停めるようになりました。(笑)
やられて初めてわかるんですね。

もっとも(B)が左端に停めるので
しかたなく(A)も左側に....
結局私は乗降が困難なんですが....

まあ前より良くなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »