« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

3000kmのマルとバツ

購入してやっと3000kmになりました。
マルとバツを感想とともに。
なお、前車Xantiaとの比較になりますので悪しからず。

《マル》
○1.
なんと言っても燃費です。
自宅周辺でも10kmを切ることはほとんどなく、
だいたい13km/L前後を記録します。
郊外まで出れば16km前後。
高速なら18km前後。
前車Xanの50%アップです。

○2.
扱いやすいサイズ。
当時としては異様に長いホイールベースに
切れないハンドルと、Xanは狭いところの切り返しや
Uターンには苦労しました。
ゴルフではそういうことを感じることは皆無です。

○3.
便利な装備。
全然期待していませんでしたが、
コーナリングランプと防眩ミラーは便利です。
特に防眩ミラーは、明るいHIDヘッドライトを
(本当に迷惑ですよ、最近)
点けたクルマが後ろにいたときに実感します。

コーナリングランプは低速時にハンドルに連動して点くので、
暗い駐車場で便利です。

○4.
疲れないシート。
Xanのようにホッとするシートではありませんが、
とても安心できるシートです。
腰も痛くなりません。

○5.
ティルト&テレスコハンドル調整と余裕のある車内高
Xanのときは頭がつかえるため、
ベストのポジションを取ることができませんでした。
ティルト&テレスコハンドル調整も加わって
望みの運転ポジションを取ることができます。

○6.優秀なオートエアコン
盛夏でも全く不満なし。
寒くなって思うのは、暖房もとても自然で、
どこか局所だけ暑いとか寒いとかがありません。
とても快適です。

○7.優秀なAT(DSG)
自動ミッションにしては望外のスムースさです。
気になるのは登りの渋滞くらい。
不評のAL4とは比べようもありません。

《バツ》
×1.
チェーンが付けられないタイヤサイズ。
昔のようにスキーに行くこともなくなったので
スタッドレスは買わずにチェーンにしようと思っていました。
ところが純正夏タイヤではチェーンが付けられない!

さすが無防備では冬に安心して遠出ができません。
東京はピーカンでも箱根は雪なんてことはよくあります。
結局サイズダウンしてスタッドレスを買いました。

格好重視なんでしょうか?
これはいただけません。

×2.
オーディオ系は不満です。
AUXコネクターがある場所には12Vシガーソケットが無いとか、
本国にはグローブボックスにコネクターを出す
純正のiPod接続キットが出ているのに
日本のディーラーでは取り扱いが無いとか。

製造ラインの関係でバリエーションが増やせないのは
理解できます。であればディーラーでカバーできる
オプションを増やしてほしいです。

《サンカク》
○でも×でもない感想です。

△1.
低い直進性(Xan比較)
どの雑誌にも高い直進性能・高速性能とありますが、
Xanと比較すると落ちます。
(私の言っているのは官能性能であって、
実際に不安定かどうかは知りません。)

不満なほど低いわけではありませんが、
これは期待外れでした。
高速道路を巡航すると、
Xanのときは....と思いだします。

△2.
どこまでも行きたい!という気持ちにはならないです。
Xanの時は高速を降りるのが残念でなりませんでした。
このままいけるところまで行きたい!
と思うことがしばしばでしたが、ゴルフではそうなりません。
もちろん運転がうんざりともならないのですが。

△3.
一方ワインディングはゴルフが楽です。
ファイナルアンダーでつまらないと雑誌には書かれていますが、
Xanのひたすらアンダーとは別世界です。
まあ楽しいかどうかは別にして、Xanと比較すれば
圧倒的にリニアなハンドリングです。

△4.
速そうで遅いエンジン(笑)
吹けがいいですしトルクもあるので速そうな感じがします。
でもミニバンあたりにあっさり置いていかれたりして(笑)
計測データを見ても全然速くない。
別に気になりませんが、感覚と実際の相違は面白いです。

△5.
ゴルフ6は全然見ないですね。
シトロエン並みに見ません。
売れてないんですねぇ。

基本的には気に入って乗っています。
ハイドロと振り返ってみても、今のシトロエンには
私にベストフィットのモデルはありません。
最近のシトロエンは、私からは遠ざかるばかりです。
無いものに恋焦がれても仕方ありません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

親を見て

今朝の読売新聞の人生相談ですが、
16歳の息子が突然
「芸能人を目指す」
と言いだしてしまった母親の相談でした。

で思ったのですが、よく親が虫とかを怖がると
子供も怖がるようになる、と聞きます。

確かに子供はそうやって親を見て育ちます。

ということは、親がテレビばかり見て、
芸能人に好感度高いと、
子供もそうなってしまうかもしれないですね。

しかしこの息子、
「芸能人になるために育成学校に行きたい」
というのはいかにも現代です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

逆送

土日で軽井沢~蓼科と500kmほど走ってきました。

その帰りの中央道で逆走車に出会いました。
初めての経験です。

前方に軽トラ....こっち向いてる...逆送!?
気が付くまでに意外に時間がかかるものです。
直線の左車線を100km程度で流していたので良かった。
飛ばしていたりコーナーだったら相当焦ったでしょう。

逆走車は右側車線におり、停車していたようです。
すれ違いざま見た限りでは、白髪の老人が。
その後しばらく走ると「この先逆走車あり」の表示があり、
速度が50km制限になりましたので、
逆送のまま相当走っています。

路肩に寄る判断もできないということは、
腰抜かしちゃったのか、
それともちょっとボケてしまったのでしょうかね。

事故になっていませんように。

ところでこの帰りの燃費は21.7km。
500km走って燃料計はちょうど半分でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魔女裁判

事業仕訳をやっています。
無駄を排除すると言っていますが、
まるで魔女裁判ですね。

先日TVで高知競馬のナイター競馬を報道していました。
赤字対策の切り札として期待している
500人の雇用を守るためだとか。

もし同じ投資で1000人の雇用を守れるなら、
高知競馬の投資は優先度が低いと言うべきでしょう。

無駄という言い方は記号みたいなもので、
おまえは魔女だ!と言うのと同じです。
恐らく本当の無駄はけっこう少ない。
本当は優先度で判断すべきです。

さてもし同じ額で高知県の高校生の学力が25%上がる、
これならどうでしょうね。
どっちを優先するか難しいです。

絶対的な答えはありません。
25%upか500人の雇用確保か、
それはポリシーと言うべきです。

優先度である以上、全体を見せてもらう必要があります。
上の例でいえば、高知競馬廃止だけを言われても、
それで代わりに何を選択したのか判りません。
その全体にポリシーが感じられなくては。

まあ、無理だろうとも思いますけど。

なので言いたいことは、
事業仕訳など魔女裁判レベルであるということ、
便宜的に、資金を生みだすために行われた
儀式に過ぎないということ。

批判的に捉えているのではなく、
それほど賞賛すべきでも非難すべきでも無い、
単なる事務作業ということです。

廃止されたものが無駄とは限らないし、
残されたものが必要とも限らない。
そういうことです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

out of range

いつも行っているスポーツクラブで。

風呂の脱衣場から上半身がびしょびしょのままで
ロッカールームに入ってきた。

「ったくもう。自宅じゃないんだから拭いてこいよ」

と思っていると、そのまま自分のロッカーを開けて
服を着て行ってしまった。

風呂場で拭いてこない人はたまに見かけます。
これは非常識。

びしょぬれのまま服を着る人。
これはもうout of rangeです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

デフレ系

先日ユニクロに行ってきました。
ヒートテックやらパンツやらまとめ買いすると
思ったよりきますね。(笑) 1万円くらいでした。

いやーしかし混んでる混んでる。
百貨店が総がかりするよりユニクロ1社の方が上なんですからね。
それもむべなるかなです。

結局日本人の服飾への購買を
この1社で吸収してしまっているわけです。
ユニクロは安いからついつい余計に買う傾向はあるとはいえ、
倍は買いませんからね。

今の日本は、お金はガンガン回していますが、
価値を残さない回し方なんですね。
デフレ系。

ユニクロの経常利益は、2010年8月期予想で14.5%。
アパレル系では普通でしょうか?(詳しくない)
でもちゃんと利益を出しているんだから大したものです。
正確な従業員数は判りませんが、5000人前後。

ただ利益が出ているからといって、
ユニクロ社員がウハウハとは聞きません。
知りませんが普通なんでしょう。
景気は良くなりませんよね。

いや、それを責めてはいませんよ。
製造は全部中国で日本は企画と店舗。
ユニクロの価値はその企画力。
(ホント、ヒートテックなんて別に暖かくないのに
買っちゃいますから)
価値ある部分に日本人があまり関与していない。
それが問題なんですよ。構造的な。
店舗に価値は無いですからね。
5000人いてもほとんど店舗でしょ。

日本の不景気の本当の理由は、
日本人が価値ある部分に関与していないことでしょう。
政府になんとかしろと言うべきことじゃないですよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »