« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

慣れ

ゴルフで最初に高速に乗った時に、
「やっぱり直進性は劣る」
と思いました。

100km以上出す気がしませんでした。
なんかチョロチョロすると感じられました。

ところが最近はそう感じません。
何が違うと言えば、タイヤ(スタッドレス)とサイズが違いますが、
それで直進性が良くなるとは思えません。

「慣れ」なんでしょうが、この「慣れ」とは何か?

ここから先は推測ですが、Xantiaの直進性は優れていたとして、
逆にいえば私のまっすぐ走らせる能力は劣ってしまっていたのでは。
私が能力を発揮しなくてもクルマがまっすぐ走ってくれるわけですから、
運転能力が退化していても不思議ではありません。

その退化した能力ではゴルフを安定して走らせることができなかった。
そう思います。
「慣れ」とはクルマを安定して走らせることが、
無意識にできるようになった事だと思います。

無意識に安定させることができない時、
直進性が悪いと感じるのでしょう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

世界で

オリンピックで
「○○選手は10位でした」
とか聞くと、

「なんだよ~、ぜんぜんダメじゃん」
とか思うのですが、
でも世界で10位なんですよね。

それってスゴイじゃん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

豊田機関説

以前読んだ本に(題名は忘れました)

なぜ昭和天皇は戦争を止めなかったのか?
という質問に対して、
「日本は専制君主ではなく、議会制だからだ」
と答えたとありました。
議会で決めたことを私が覆すことはできないと。

この時の心境は私には想像もつきません。
こう考えなくては押しつぶされてしまうのかなぁ
でも、そんな規則はすっ飛ばして止めてくれよとも思います。

一方、天皇の地位確保のために降伏が遅れたことは
周知の事実です。歴史にifはありませんが、
地位確保にこだわらなければ、
もっと早い降伏ができたかもしれません。

豊田社長を見て似たものを感じますね。
公聴会出席について
「自分の一存では決められない」
と答えたこと。
もちろん周囲は彼を守ろうとしているでしょうね。

これがホンダの本田社長なら、
ナショナルの松下社長なら、
あるいはユニクロの柳井社長なら、
違った展開だったのではないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガリっと

先日妻の実家に行きました。
その家は歩道からかなり高く、
アプローチが坂状に立ちあがっています。
クルマを入れるときは
出すときを考慮してバックから入れます。

で、帰りに出るときにガリっという音が!
「え?バンパー当たる?」
エグザンティアの時は一度もそんなことはありません。

目立たないいいけどなぁ....
そう思いながら自宅に帰り確認すると傷はありません。
そもそもバンパー位置は低くありません。

で、車体下を覗くとこんなものがありました。

P1240022

一種のスポイラーでしょう。
柔らかい材質なので、少々なら擦っても大丈夫そうです。
バンパー部分に付けるスポイラーだとコストが高いですからね。
これもコストダウンの一環でしょう。

しかし位置はけっこう低いです。
(車止めより10cmくらい?)
雪国の方は大丈夫なのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RCD310 for iPod

otosanさんにコメント欄で教えていただいた、
純正RCD310用のiPodケーブルについて
ディーラーに相談に行ってきました。

教えてもらって直ぐに行ったのですが、
「付きません」
とけんもほろろの対応。

今回はポロのアクセサリーカタログを見せて粘りました。

なぜかあまり対応したくない様子なんですよね。
ポロの標準もRCD310、Golf6 CLの標準も同じ。
CAN Busの設定変更は必要かもしれませんが、
H/Wが二種類あるとは思えません。

下記の取付説明書を前に話し合っても、
(対応モデルにGolf6とあります)
「いや、付かないかもしれない....」
とにかく売りたくなさそうです。
Img

もう少し話をしてみると、過去に客とトラブルというか、
評価が低かったのかもしれませんね。
モデルによってつながらないかもとか、
うまく動かないかもしれませんよ的な返事でした。

自分の所有しているiPod nanoの世代が判らなかったので、
とりあえず注文してダメなら連絡することにしました。

で調べると、nano第4世代。
見事ヒットしています。
iPhoneともども充電不可です。

工賃込3万少々支払って現行のdock仕様をサポートしていない
接続ケーブルを購入するのは気が進みません。
今後出る新しい製品の接続性も心配です。
ということで、お断りしました。(残念です)

帰り際に置いてあった試乗車のGTIに座ってみました。
とても忙しそうでしたので、試乗は頼みませんでした。

印象は、「タイトなシート」です。
私にはちょっと....好みではないです。
シートに全身をガシっと押さえられているというか、
あの拘束感はうっとおしい。
もちろんトバす人にはそれがいいのでしょうけど。

私にとってシートは最重要項目の一つです。
(エンジン以上かもしれない)
個人の印象なのでご勘弁ください。
→ GTI乗りの方


| | コメント (3) | トラックバック (0)

orz

今朝駅で、

「定期が無い!」

寒いのでコートを替えたのでした。
少々時間があったのでタクシーで自宅まで帰りました。

トレーを見ると、

「あるじゃない、なんでここにあって忘れるのか」

いつも財布を置くトレーから定期を取り、歩いて駅に向かいます。
駅についてポケットに手を入れると、

「!!!違う」

ポケットから出てきたのはETCが入ったカード入れでした。

実は数日前に腰を痛めたために折り崩れることもできず、
自分を罵りながら切符を買って会社に向かったのでした。

この歳になるとボケが始まったんじゃないかと心配になります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

怪物

日本製品は高品質、差し引いて言えばほどほど、
他国製よりはマシ、そう思っていました。

まるで空気と水のように、
日本製には元から備わっていたかのように、
日本人が設計すれば、作れば自然にそうなる。
日本では否が応でも品質が高い。

でもそんなことあるわけないです。
人が時間をかけてお金をかけて手間をかけて、
そしてこだわったからそうだったに過ぎない。

安く安く、高機能で、給料下げるな、いっぱい休みたい、
クビにするな、お客様は神様で、24時間365日対応しろ、
今すぐ対応しろ、社会的責任を果たせ。

この状況のどこにかつての日本製品の高品質が
生き残れる余地があるのでしょう。

我々の昨今の要求は「安く」でした。
「品質」は、当然でしょとタカをくくっていた。
元々備わっていると思っているからKBFになり得なかった。

売れなきゃ品質を生かす場面も無いのですから、
売れることが品質に優先するのは企業として当然の選択です。

散々アメとムチで調教したライオンに対して
野生を忘れたと批判するようなものです。

怪物はまさに我々が作り上げてきたものです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本村

小沢氏は幹事長辞めないなぁ...
朝青龍の引退は仕方ないよね。
そう思っていました。

今朝のNHKニュースを見たモンゴル市民の反応は、
「イジメだ」

なるほど。
まさしくイジメですね。
いや、私の右脳は引退で納得しています。
しかし左脳で考えるとイジメです。

日本が法治国家であり契約社会であるなら、
小沢氏は民主党、国会、国....etcから、
あらかじめ定められた処分を受けるべきですね。
(受けるに値することをしていたのなら)

朝青龍は、彼が引退すべきだったのなら
引退ではなく、協会が、定められた規約に従って、
粛々と処分をしなければなりません。

本来我々が責めるべきは、そういったルールが
定められていない事に対してであるべきですね。

トヨタ叩きもそう感じます。
本当にブレーキが抜けた「感じ」がするだけなら、
例え厳密には抜けていたとしても、
その制動距離の差が10センチならば、
リコールと言うべきではありません。

それを言わせないこの雰囲気。
まさしく日本村ですな。
そして自分も実に村民でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

再現

私の職場はIT関連ですが、
バグというか、トラブルが発生します。
さあ直せ今日直せ今すぐ直せと言われることもあるのですが、

「再現できなければ直りません」

そう答えざるを得ないことも多いです。


で、プリウスのブレーキ問題です。
改修したのなら再現ができているはず。
それなら映像を見せればいいのにね。
改修前と後では制動距離に違いはありませんよって。

フィーリングって、あの会見はいただけません。
事実を把握していない印象を与えています。
記者を招いて実際に感じてもらえば良かったのに。

ちょっと内向きの会社になっている印象ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »