« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

愛をください

仕事をしていてよく思います。

「愛が無い」

やっつけ仕事とは違います。やるべきことはやっている。
でも足りない。ひと手間かけていない。

「美しくやろうぜ、カッコよくやろうぜ」

最近そう言うことが多くなりました。

他に要求されることが多すぎるのですよね。
コスト、予算、コンプライアンス、煩雑な手続き
それを達成するだけで精一杯、というか、
すれば十分な達成感を得られる。

でもそれじゃ足りないんだよな、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リアリスト

先日運転していると後ろからBXがやってきました。
初期型の丁寧に乗っている印象のクルマでした。

私:「あっBXだ」

助手席の妻は振り向いて一言、

「なんか情けない感じ」

確かにちょっとくすんだ感じはそうも言えなくもないですが.....
しかしフェラーリであろうが、ロールスであろうが、
彼女にとっては単に

「ボロイクルマ」「古いクルマ」

でしかありません。

まったく事実をありのままに見る能力に脱帽するばかりです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

出直し

さーて、ディーラーに行くか、とディーラーから電話。
パーツが入荷していないって、当日言うな。
こちらは予定を空けて準備しているわけで。
恐らく発注を忘れていたのでしょう。
まったく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クルーズコントロール序章

Golf6のCLにはクルーズコントロールが付いていません。
それが私的には唯一の残念な点。(HIDはどうでもいいのです)

otosanさんに付くとコメントいただいていましたが、
なかなか踏み出せないでいました。
と、ヴァリアントで交換を記録したBlogを発見。

早速ディーラーに相談すると受付けてもらえました。
おおっ、と楽しみにしていたのですが、ディーラーから電話。

「動作しないかもしれないので止めた方がいいのでは....」

がっかり

「動かないならいいです」と一旦答えたもののあきらめきれず、
私のCLに付いているステアリングコントロールモジュールの
型番の確認をお願いしたところ1K0 953 549 CDとのこと。

前述のBlogの方のヴァリアントに付いているSWCMは1K0 953 549 CP。
パーツ番号が違うので動くか判らないということのようです。

調べてみるとこんな記事が見つかりました。
これを読む限りCPはマルチファンクションステアリング(MFSW)を
サポートしていないようです。この記事の方はMFSWを動作させたいらしく、
そのためにはCDのSWCMが必要と言っています。

確かに減税対象前の初期型は、純正ナビをつけるとMFSWが付いてきます。
しかし減税対象の現行型は、純正ナビを付けてもMFSWは付いてきません。
ということは初期型はCD、現行はCPというのは十分あり得ます。

またVWのDiagソフトウェアを販売しているRoss-Tech社のサイトをみると、
CDタイプはクルーズコントロールをサポートしているとあります。

ということで交換をお願いしました。
ディーラーでは確実に動作する確認は取れていないとのことですので、
人柱モードです。自己責任ということでGo!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Color change

先日洗車をしていて気が付いたのですが、

錆びてます

フロントドアを開けると見える後ドアの蝶番部分。
僅かなのですが、色が白なので判ります。
ディーラーで見てもらったところ、「錆びですねぇ」。

塗装の下からなのか、塗装の上に鉄粉が付いているのか、
もうちょっと様子を見ます。(塗装の保証は3年ですので)

しかしこれを直すとなると左右の後ドアを外して再塗装....
億劫になります。

ほっといても特に問題は無いと思うのですが、
それも何だかクヤシイのですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安定

今年の新人と飲んだ話の続きです。

私:「ところで終身雇用希望なの?」
新人二人:「はい」

まあ、上司にいつかは転職しますとは言えないかもね(笑)

私が就職したのは25年前です。
最初に内定が出た会社に入りました。
そのあと遊べますからね。
そんないい加減な時代だったのです。

で、その当時の一流企業は結構ダメになっていますよね。
銀行、証券、商社、電機、公務員、百貨店、建設....
まじめに一流企業を目指したからといって
必ずしも安泰なわけではない。

別に私に先見の明があるわけではありません。
運でさえない。単なる確率です。
サイコロ振って1が出ましたね、みたいな。

就職した会社に終身雇用なんて考えないことですね。
自分の努力とは別にある確率でダメなんですから。

いつでも転職 or 独立できるように準備しておくことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セグメント

昨日今年入社した新入社員と飲みました。
「面接は何回されたの?」
と尋ねたら4回とのこと。

4回か~....
でも4回しても必ずしも当たらないんだよね。
少々例えが悪いですが、クルマの試乗に似ています。
数回乗ったくらいじゃ分からない。

ところで新聞とかで何十回面接しても内定がもらえない....
そんな記事があります。
もちろん求職の方が少ないのでしょうから、
あぶれてしまう人はいると思いますけど、
自分はどんなところにセグメントされているのか、
むやみに面接を受ける前に自分を再認識したほうがいいです。

自分はどんなクルマなのか?
オープンカーなのにワンボックス志向の家族連れに売り込んでも
やはり確率は低いですよね。

自分はどんなメーカーのクルマなのか?
相手はブランド志向で見栄を張るクルマを望んでいるのに
ダイハツやスズキでは厳しい。

出身大学はその人の能力を必ずしも表しませんが、
しかし採用側にとっては重要な指標のひとつです。
そういうことを無視して、安定志向で大企業ばかり狙っても、
勝率は低いと言わざるを得ません。

ダイハツやスズキの軽自動車が、
ある顧客に見向きもされなかったからといって、
そのクルマに存在価値が無いわけではありません。
そのクルマが生きる場所は別にある。

自分はどんなブランドなのか?
クルマのタイプは?
どんなデザイン?
どんな諸元表なのか?
どんなオプションがある?

それをよく認識してからトライしたほうがいい。
頑張ってください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

白くなる

で、白物化ですが、それを書くにあたって、
どんな定義がされているのかネットを回ってみましたが、
固定的な定義は無いのですね。これは困った(笑)

クルマの白物化というときは、いい意味では使いませんが、
私は
・ある種の自動化
・人間のやっていたことを機械が代わること
・多機能化
を白物化と考えます。

ieさんのBlogのコメント欄に書いたとおり、私は別に日本車だけが
白物化しているのではなく、Golfだって十分白物化していると思います。
DSG、オートワイパー、オートヘッドライト....枚挙にいとまがありません。
(前投稿で"日本車"の白物化と書きましたが、クルマと修正します)

ワンボックスは多機能化の極致ともいえます。
空間を切りだして中でご自由に、とやるわけですから。
空間の多機能化であれ以上のものはありません。

この白物化を構成する要素ですが、
"わかりやすい"という特徴があります。
クルマの走りの基本要素と比較してご利益が分かりやすい。
しかも買って使う前にそのご利益が想像できる。
リアリティがあります。

5リンクサスを導入し乗り心地が向上しましたより
ABSを採用し安全性を高めましたの方が分かりやすい。
(もちろんABSが何か知っている必要はありますが)

それに
いいクルマを作るより売れる車を!
の圧力が加わります。
その圧力が白物化を推し進めます。

売れてナンボだよ、どうすれば売れるか?
そればっかり考えて作るわけですからね。
ご利益優先のクルマ作りにならざるを得ません。
数値優先、見てすぐわかるご利益(カップホルダーとか)、
そして自動化・多機能化です。

クルマの基本性能は高めても売れる車は作れませんからね。
買う前に分からなきゃだめなんです。

もちろん開発者の方が堕落した、宗旨替えしたということではなく、
今やクルマはマーケティングとか営業とか、
様々な職種の集合知の完成形ですから、
開発者しか分からない=見えないものにはお金は掛けられません。

日本の場合はメーカーの住み分けが進んでいないことも大きいですね。
スズキとダイハツは軽ということで分けられていますが、
大手メーカーではスバルくらいですかね?
それも最近は薄れつつあります。

最近でこそ独系メーカーはフルラインアップ化を進めていますが、
日本では10年以上前にそこに到達しています。
全方位全面戦争ですから売れる車を要求する圧力は
元々半端ではありません。
日本車の白物化が早くから進んだのはそれもあるでしょう。

これからもどんどん進みますよ。
でももしかするとガソリン車は趣味の対象として
先祖返りしていくかもしれませんね。

ここから下は蛇足です。

日本車と欧州車・米国車は違います。
それを日本車がダメで欧州車は優れている...
みたいな論調がありますけど、
そんなことは無いと思うのですよね。

単にその市場が要求しているものが違うだけだと思いますよ。
私も欧州車の走りはいいと思います。
でもそれって単に欧州市場がそういう環境にあるだけのこと。
生物が環境に適応するように
企業も市場に適応しているに過ぎません。

私は欧州車の方がいいですけどね。
でもそれは日本ではちょっと変わった好みのマイノリティ、
それだけのことです。

この投稿はieさんのBlog記事から思いを巡らせて書きましたが、
ieさんのBlogやieさんご本人の考えについての記事ではありません。
念のため誤解のないようここに記します。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »