« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

交換

7月24日~28日で北海道に行ってきました。
いつも悩むのはレンタカーです。
乗りたいクルマはいろいろあれど、コストも気になる。

最初は新型のプリウスを予約していました。
乗ったことがなかったのでどんなものだろうと。
本当はロードスターが良かったんですけどね、
結構高いのです。

で、最終的にデミオにしました(笑)
なぜなら3万くらい違うんですよ。

とはいうものの1.5Lのデミオは空きなし。
同じクラスで設定されているマーチも空きなし。
空いているのは1.3Lのデミオのみでしたので、
車種指定をせずにクラス指定で予約しました。

これが間違いの元。

当日マツダレンタカーに行くと用意されていたのは

カローラフィールダー

.....マツダレンタカーでそんなことって....
ヴィッツとカローラだけは避けたかったのに。

がっかりしてアクセルを踏むとブワっと吹けるいつものアクセル。
これでこれから数百キロ走るのか....気が重くなります。

翌日は千歳から旭川まで200キロ走りますが、
案の定1時間もしないうちに腰が痛くなります。
妻も「スゴイ軽いクルマみたい」と。
本当にどうしたらこんなふうに作れるのか、まったく職人芸です。

どうしても耐えられずマツダレンタカーに電話しました。
「何でもいいので替えてください。ただしトヨタ車以外」
ラッキーなことに旭川駅前店にデミオがありました。

旭川駅前店に行きデミオに乗り換えます。
アクセルを踏むと....リニアに出るじゃないですか。
これならOKです。
シートもベストとは言えないけど、
このあと旭川~十勝~釧路と
結局数百キロ走り切りましたから及第点でしょう。

ただゴルフと比べちゃうとなんとも柔いですね。
ガッチリ感がない。
エンジンも80Km巡航なら十分ですが、
その上の領域では余裕がありません。

今回の旅行では必要十分でしたが、
買うかと問われれば買わないでしょうねぇ。
カローラとどちらを取ると言われればもちろんデミオですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ものづくりの終焉

タイ生産の日産マーチがリリースされました。

判っていたことですけど、普通のクルマは、
日本で作る必要は無いということです。

$1=\86 と円高も続いていますし。
現場は派遣法とかそういう次元を超えましたね。

こりゃ戦前のように移民復活です。

でも今は食えないと国が悪いことになっていますからね。
食えないなら食えるところに行くよ、という生活力が無くなっている。

ちょっと優しさを減らした方がうまくいくような気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大丈夫だよ

楽天の英語公用語化について皆さん色々コメントしていますが、
私はそんなに気にすることないじゃないのと思います。

もちろん使い方次第で作用も副作用もあると思います。

でもそれって、普通の会社にある様々な制度でも同じです。
例えば成果主義とか。

英語公用化と聞くと身構えてしまいますが、
たぶんそれは未経験だからです。
結構話せると思いますよ。
なぜなら仕事の話は、単語もテーマも限られているから。

これが英語のTV番組をランダムに5つ選んでそれを和訳せよ、
とか言われたら相当の難易度です。
あそこにいる女子を英語でナンパせよと言われたら難儀です。

でも仕事の話は中学レベルの英語でコミュニケーション可能です。
(ということは中学で落ちこぼれた人はちょっときついでしょうね)

はっきり言って大したことないって。

それより毎日終電まで残業させられるのが当たり前とか、
土日無しに出勤させられるような、いくらでもありますよね、
そんな会社の方がよっぽどきついって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Runner

突然ですが、最近ランニングを始めました。
友人から 「大会出ようよ~」 と誘われ、
エイヤッとエントリーしてしまいました。
(といっても10Kmですけど)

エントリーしたからには練習しないと、
ということでまずグッズ買いです。

Imgp52222

Nike+対応のシューズ、Nike+、ランニングウォッチ、
iPod用のアームバンド、ランニング用ヘッドフォン、
と一通り買い揃えてランニングです。

実は走り始めは6月6日からだったのですが、
結構走れることが判って安心です。
15kmを5分40秒ほどのペースで走ることができました。
6月の総走行距離は70km弱でした。

次は20kmに挑戦です。

7/3追記
今朝20.4Km走りました。ペースは6分02秒。
ハーフが走れることは判りましたが、
フルを走る力量が無いこともよく判りました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »