« 足るを知る | トップページ | パイクカー »

藁をもつかむ

相変わらず月200kmペースでランニングしていましたが、
今度は左ひざがおかしくなりました。

私は風邪は運動して新陳代謝を上げて治す、
スポーツ障害はストレッチと運動で治す、
とうそぶく人間ですが、今回はちょっと違う感じです。

で、整形外科に行きました。

普通の整形外科に行くと、
「少し走るのは止めて様子を見てください」
と言われるので、わざわざスポーツ医を選んで行きました。

診察はちょっと触診してレントゲン、
「少し変形が始まっていますね」
で終わり。
「僕のところに来るということは、走らないでという選択はありませんよね、
でも距離は少し減らして下さい」
という指示。

指示自体は期待通りでしたけど、納得感無いんですよね。

変形がひざ痛の原因の一つであることは判ります。
でも私のひざ痛の原因が変形であるかどうかの判断はできないはず。
それがなぜ今の痛みの原因になるか説明してもらわないと。
そう訊けばいいって、もうそういう雰囲気じゃないのですよね。

「リハビリしていきますか?」
そう尋ねられたので期待してお願いするとこれまたがっかり。
お年寄りと並んで電磁温熱治療10分、低周波電気10分、
800gのウェイトを付けたレッグエクステンション20回。
絶対治らない。

大腿四頭筋のトレーニングでレッグエクステンションは判りますけど、
筋力を付けるためには適切な負荷が必要。
私は普段150kgでやっているので、(滑車の原理でもっと軽いと思いますが)
800gだと何の足しにもなりません。

で、次に医者ではなくランニングをチェックしてくれるところに行きました。
費用は無保険の初診くらい。

これ見てあれっ? ていう人がいるかもしれません。
自分でもそう思いました。
不治の病にかかって民間療法や怪しげな食品に頼る人と同じです。
判っててもやってしまうんですね。

すがる人がいるのは判るけど自分はああはならない、
健康な時はそう思っていましたけどね。

念のためにランニングのチェックをしてくれた方はまともでしたよ。
いくつかのアドバイスは有益でしたし、左ひざに負担をかけない
走り方を教えてくれました。

医療は素人に手出しできない分野なので、
いったん不信になると手も足も出ないんですよね。
で、別のものに頼らざるを得なくなる。

もし整形外科の方がこの記事を見ることがあればお願いします。
初診だけは時間をかけて真剣にやってほしい。
整形外科系はすぐに結果が出ることは無いと思います。
前述の大腿四頭筋のトレにしても筋力強化には最低3カ月はかかります。
それだけ時間かけて、ちょっと違うかなぁでは困ります。

結局スポーツ専門の整形に行くことにしました。
最初から行けばよかったんですけど、
そこはマジ系なので気後れしたんです。
えらく混んでて受診は1月末です。

|

« 足るを知る | トップページ | パイクカー »

「Run」カテゴリの記事

「思うところ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91042/50532814

この記事へのトラックバック一覧です: 藁をもつかむ:

« 足るを知る | トップページ | パイクカー »